« 歴史に日付,70年/2つの展覧会 | Main | 冷房に弱くなった »

Aug 28, 2015

電気系統の事故/河口湖行き通勤快速

 8月18日夜,JR中央線の立川付近の送電ケーブルが燃えて停電し,中央線は短時間で運転再開したが,五日市線,八高線,南武線は終日運休した。ほかに,JRから電気の供給を得ている西武拝島線も一時止まった。その1週間後の8月25日の夜,こんどは東急東横線の田園調布付近のブレーカーが下りたままになったとかで,東横線,目黒線,多摩川線が3時間以上止まった。
 共に電気系統のトラブルで,しかも両方とも複数の路線に関わる場所だったために,大きな影響が出た。そのほか,27日には山手線のケーブルが燃えた。
 25日のときは,東横線が乗り入れている地下鉄副都心線に新宿三丁目から乗ろうとしたら,ちょうどダイヤが乱れ始めたところだった。東横線からの新宿三丁目止まりの電車が遅れたために,急遽次の電車のスジに乗り移ったらしく,終着にはならず東武東上線の和光市行きに変更になった。

 副都心線の北西行きは東武東上線と西武池袋線の両方に乗り入れているために,電車の種類が多く,複雑である。通常,ホームの案内には,発車予定時刻・行き先・種別(地下鉄線内および乗り入れ後の急行・普通の別)・編成(8両か10両か)が示される。しかし,ダイヤが乱れてくると,少しの遅れだと表示はそのままだが,ある程度(10分ぐらい?)遅れると,発車時刻でなく順番のみが 1st,2nd,3rd と示される。
 したがって,1st という文字が遅れの合図になっている。

 ある夕方,中央線下りホームにいたら,「通勤快速 河口湖行き」という電車が来た。そんな電車の存在を知らなかったのでびっくりしたが,時刻表を見たら,大月から富士急行に直通する通勤快速が平日夜に2本運転されているのだった。東京駅から河口湖駅までは3時間近くかかる。ほかに,大月行きも3本ある。(これとは別に,昼間,中央特快の大月行きが3本走っている。)
 対応する平日上りの通勤快速は,河口湖発というのはなくて,大月始発が2本ある。この電車のユニークな点は,高尾から新宿までの間は八王子,立川,国分寺にしか停車しないことである(新宿からは通常の快速と同じ)。

|

« 歴史に日付,70年/2つの展覧会 | Main | 冷房に弱くなった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/62170004

Listed below are links to weblogs that reference 電気系統の事故/河口湖行き通勤快速:

« 歴史に日付,70年/2つの展覧会 | Main | 冷房に弱くなった »