« 国勢調査でネット回答 | Main | 二期会『ダナエの愛』 »

Oct 08, 2015

神保町「徳萬殿」が閉店

 久しぶりに神保町のニュースをひとつ。古い中華料理店「徳萬殿」が10月10日に閉店するという。9月23日ごろ貼り紙が出たとのこと。
 徳萬殿には,入社して間もなくの1973年ごろから行き始めた。当時のこの店の特徴は「集中管理方式」である。店の中央にある板張りのブースに,高名な言語学者と同姓同名の店主が陣取り,会計をしながら,各テーブルからの注文を取りまとめて「(次は)タンメン3つ」「チャーハン4つ,ひとつ大盛り」といった具合に厨房の麺類担当者と炒め物担当者に指示を出すのだった。慣れた客は,店主に「(今なら)何が早い?」と聞いて次に作るものに「便乗」していた。
 70年代終わりごろだったか,店主の姿が見えないなと思ったら,ブースに某大学病院の名と部屋番号が連絡先として貼ってあるのが見えた。店主は結局,店に戻らないまま亡くなった。その後,店は大改装が行われ,経営者が変わったとみえて店名を維持したまままったく違うメニューになっていたが,2,3年して再び経営が変わったのか,元のメニューがほぼ戻ってきた。
 ここの名物は炒め物で,まずは「ウーシャンロー(五香肉)」である。ウーシャンというスパイスは今はスーパーにあるが,かつては普通には知られていなくて,徳萬殿でしか味わえない味だった。ウーシャンローを初めとして1人前の分量は多く,90年代にぐらいにメニューにあった「ほうれんそう卵炒め」は,1人前にほうれんそう1把以上(たぶん)を使っていた。中年になってからは昼食に炒め物を食べるとき,ご飯は半ライス(小さい茶わんに山盛り)にしていた(普通ライスは小どんぶり)。
 またひとつ,神保町の古い店が姿を消す。

|

« 国勢調査でネット回答 | Main | 二期会『ダナエの愛』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/62433075

Listed below are links to weblogs that reference 神保町「徳萬殿」が閉店:

« 国勢調査でネット回答 | Main | 二期会『ダナエの愛』 »