« November 2015 | Main | January 2016 »

December 2015

Dec 31, 2015

今年のオペラ,展覧会

◇今年のオペラ,コンサート 新国立劇場10回,東京二期会2回の計12回と「国産品愛用」だった(→参照)。
 このうち新国立劇場は,安定して高水準の公演を維持したが,いずれも長く記憶に残る名演とまではいかなかった。来年は,新制作の『ウェルテル』(指揮者が名匠ミシェル・プラッソンに交代,グレードアップ),『ローエングリン』の再演(フォークトが再登場)に期待している。
 コンサートはあまり行っていないが,いちばん印象に残ったのは読売日響定期のブラームス=シェーンベルク編:ピアノ四重奏曲第1番(→参照)。
 ミュージカルは,『プリンス・オブ・ブロードウェイ』,演出家ハロルド・プリンスの手がけたミュージカルの名曲集。

◇今年死去した音楽家で,いろいろな感慨を抱いたのは,アルド・チッコリーニ,加瀬邦彦,オーネット・コールマン,クルト・マズア。

◇今年行った展覧会で印象に残ったのは,笠間日動美術館「絵画と写真で巡る 大鉄道展」,東京都庭園美術館「アールデコの邸宅美術館」など。
 別格は,神奈川県立近代美術館鎌倉館のお別れの「鎌倉からはじまった 1951-2016」シリーズ。高校のころ以来今までにもっとも多くの展覧会を見た美術館が,老朽化と地主(鶴岡八幡宮)との関係で,来年閉館になる。今,本当に最後となる「Part 3」を開催中(1月末まで)。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 今年も当ブログをご覧いただき,ありがとうございました。どうぞよいお年をお迎えください。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 29, 2015

年の瀬だより

 3年前ぐらいの年末に姿を消したが,会社の近くの路上に,いつも大量の荷物を引きずっているホームレスのおばさんがいた。それも小さい荷物ではなく,トランクや買い物カートなどで,ざっと40個あった。
 どこにいても追い立てられるからだろうが,しょっちゅう移動していた。歩道に荷物を十数メートルにわたって並べておいて,先頭の5,6個を10メートルぐらいゆっくりと前進させ,戻ってまた次の5,6個を運ぶという調子で,移動の速度はたぶん時速150メートルぐらい。

 12月も20日過ぎの某日,池袋の居酒屋Fに,白髪・白ひげのおじさんが来ていた。常連客ではない。濃い白色というのは変な表現だが,輝くように真っ白で美しく,ひげは頬からあごまでつながって毛の量もたっぷりで,見事というほかはない。
 時節柄,どうしてもサンタ・クロースを連想して,店員のRさんと「そのままでサンタ・クロースができそう」「(クリスマス直前の)今頃こんな所で飲んでいていいのかなあ」などと噂した。

 先日,友人宅で恒例の年末パーティーがあり,例年通り(→参照)ゆで豚を作って持参した。以前,切るときにぽろぽろになったりしたのは,ゆでる時間が長すぎるからだということに気づいて,2年前ぐらいからゆでるのは40分にしている。あとは湯から引き上げて余熱に任せておくと,真ん中の方にわずかに赤みが残って,いい具合になる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 15, 2015

早朝の紅茶――unroyal tea with milk

 イギリスについて書いた本を,かつて何冊か読んだが,その中にイギリスでは昔は一日に何度も紅茶を飲んだという話がよく出てきた。目覚ましの early morning tea,朝食時,午前中のティータイム,午後のティータイム,夕方の high tea(これは軽い食事)といった具合である。オフィスでも tea lady がワゴンを押してお茶を配ったという。このうち,early morning tea は朝早くベッドに届けられるもので,上流階級ではメイドの重要な仕事であり,ホテルでも提供されていた(→参照)が,習慣としては早い時期に廃れた。

 この秋から朝は5時半までに起きるようにしている。起きてすぐ,うちにはメイドはいないので自分で,ロイヤル・ミルクティーを淹れている。昔から朝食時には紅茶を飲んでいるので,朝食までは英国風である。
 ロイヤル・ミルクティー(英語では何というのか不明)は,普通は小鍋(ミルクパン)で作るようだが,私はステンレスの小さなポットで作る。ポットでお湯を50mlほど沸かし,茶葉をスプーン1.7杯ぐらい入れて煮出し,電子レンジで温めた牛乳150mlを加えて暖める,という簡単な手順だが,一瞬のうちに吹きこぼれることがあるので,暖めている間は目が離せない。
 以前はバター・ウォーマーと称していた長い柄の小さい鍋を使っていたが,柄がとれてしまい,その後手に入らない。通販で探すか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 05, 2015

季節のたより――無職の日々

 昨年11月に会社を退任・退職し(→参照),翌12月から本社ビル内の別フロアにある子会社に勤務していたが,1年間という予定通り11月末で任期を終えた。これで,42年半以上に及んだ勤め人生活が終わりを告げたことになる。
 かくして「無職」になったわけだが,子会社で担当していた大仕事が終わらないため,12月になっても会社に通っている。子会社の今までの机を借りて,今までの仕事の続きを個人の下請けとして引き受けているかっこうだ。それも今年いっぱいで目処をつけないといけない。

 ヱビスビールの季節限定品は,春の「薫り華やぐヱビス」,秋の「クリスタル・アンバー」に代わって,11月上旬ぐらいから「深み味わうヱビス」になった。今までになかった茶色の缶である。
 池袋の居酒屋Fでは,毎年10月10日ごろから鍋(一人用)を出しているが,ようやく先週から鍋にふさわしい気候になってきた。ラインナップは例年通り,寄せ鍋,かき鍋,はまぐり鍋,たらちり,つみれ鍋。これにときどき白子鍋などが加わる。今週は,季節内の季節限定品として,たぶん初めてチゲ鍋(要するに唐辛子味のやや小さめの寄せ鍋)が登場した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2015 | Main | January 2016 »