« 温度感覚の東西 | Main | 早朝の紅茶――unroyal tea with milk »

Dec 05, 2015

季節のたより――無職の日々

 昨年11月に会社を退任・退職し(→参照),翌12月から本社ビル内の別フロアにある子会社に勤務していたが,1年間という予定通り11月末で任期を終えた。これで,42年半以上に及んだ勤め人生活が終わりを告げたことになる。
 かくして「無職」になったわけだが,子会社で担当していた大仕事が終わらないため,12月になっても会社に通っている。子会社の今までの机を借りて,今までの仕事の続きを個人の下請けとして引き受けているかっこうだ。それも今年いっぱいで目処をつけないといけない。

 ヱビスビールの季節限定品は,春の「薫り華やぐヱビス」,秋の「クリスタル・アンバー」に代わって,11月上旬ぐらいから「深み味わうヱビス」になった。今までになかった茶色の缶である。
 池袋の居酒屋Fでは,毎年10月10日ごろから鍋(一人用)を出しているが,ようやく先週から鍋にふさわしい気候になってきた。ラインナップは例年通り,寄せ鍋,かき鍋,はまぐり鍋,たらちり,つみれ鍋。これにときどき白子鍋などが加わる。今週は,季節内の季節限定品として,たぶん初めてチゲ鍋(要するに唐辛子味のやや小さめの寄せ鍋)が登場した。

|

« 温度感覚の東西 | Main | 早朝の紅茶――unroyal tea with milk »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/62810677

Listed below are links to weblogs that reference 季節のたより――無職の日々:

« 温度感覚の東西 | Main | 早朝の紅茶――unroyal tea with milk »