« 季節のたより――無職の日々 | Main | 年の瀬だより »

Dec 15, 2015

早朝の紅茶――unroyal tea with milk

 イギリスについて書いた本を,かつて何冊か読んだが,その中にイギリスでは昔は一日に何度も紅茶を飲んだという話がよく出てきた。目覚ましの early morning tea,朝食時,午前中のティータイム,午後のティータイム,夕方の high tea(これは軽い食事)といった具合である。オフィスでも tea lady がワゴンを押してお茶を配ったという。このうち,early morning tea は朝早くベッドに届けられるもので,上流階級ではメイドの重要な仕事であり,ホテルでも提供されていた(→参照)が,習慣としては早い時期に廃れた。

 この秋から朝は5時半までに起きるようにしている。起きてすぐ,うちにはメイドはいないので自分で,ロイヤル・ミルクティーを淹れている。昔から朝食時には紅茶を飲んでいるので,朝食までは英国風である。
 ロイヤル・ミルクティー(英語では何というのか不明)は,普通は小鍋(ミルクパン)で作るようだが,私はステンレスの小さなポットで作る。ポットでお湯を50mlほど沸かし,茶葉をスプーン1.7杯ぐらい入れて煮出し,電子レンジで温めた牛乳150mlを加えて暖める,という簡単な手順だが,一瞬のうちに吹きこぼれることがあるので,暖めている間は目が離せない。
 以前はバター・ウォーマーと称していた長い柄の小さい鍋を使っていたが,柄がとれてしまい,その後手に入らない。通販で探すか。

|

« 季節のたより――無職の日々 | Main | 年の瀬だより »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/62872467

Listed below are links to weblogs that reference 早朝の紅茶――unroyal tea with milk:

« 季節のたより――無職の日々 | Main | 年の瀬だより »