« 『百人一首の謎を解く』/オーレル・ニコレ | Main | 週末記 1/2 『イェヌーファ』からゲネプロへ »

Feb 28, 2016

100円札・10円札

 半世紀以上前の中学の時のこと,理科のK先生は,小銭が必要になった人のためにいつでも両替ができるよう「小銭セット」を常備しているという話をしていた。詳しい内容を聞いたことはないが,1円玉5個,5円玉2個,10円玉5個,50円玉2個,100円玉5個というようなセットだったのだろう。当時,500円硬貨はまだなかった。
 100円硬貨が発行されたのは1957年。初めて硬貨によるお年玉をもらったときはびっくりした。ただし,100円玉の普及は今思うと比較的ゆっくりで,私が中学に入った1962年ごろには,茶色がかった紫色の100円札(肖像は白ひげの板垣退助)はまだけっこう使われていた。最後に100円札をやりとりした記憶があるのは,1968年夏,東北地方某所でだった。
 その前,幼稚園を舞台にしたほんとうにおぼろげな記憶だが,緑色の10円札というのも見たことがある。電車に10円区間というのがあるなど,10円の価値が非常に高かった時代のことで,生活感覚としては今の200円ぐらいの感じだろうか。

 プリペイドカードがなかったころは,K先生のように人のためということではないが,小銭があるかどうかをいつも意識していた。特にバスに乗るときなど,小銭がないとどうしようもなかった。
 鉄道の自動販売機も,最初は10円の切符専用,20円の切符専用といった機械だった。これもお釣りが出るようになったのは,たぶん100円硬貨の発行以降だったのだろう。1台でいろいろな値段の切符が買えるようになるのは,さらにその後である。最初のころ,60円の切符を買うのに110円入れてみて,「お,(お釣りに)50円玉が出た。ちゃんと計算しているんだな」と感心した覚えがある。
   参照:小銭不要の歴史

|

« 『百人一首の謎を解く』/オーレル・ニコレ | Main | 週末記 1/2 『イェヌーファ』からゲネプロへ »

Comments

私が住んでいた島と本州を結ぶ渡船は一円ぽっぽといって、一円玉一枚で乗れました。でも、倍に(!)値上げする前の往復一円のころの支払方法を記憶していません。

Posted by: P.O. | Feb 28, 2016 at 09:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/63273851

Listed below are links to weblogs that reference 100円札・10円札:

« 『百人一首の謎を解く』/オーレル・ニコレ | Main | 週末記 1/2 『イェヌーファ』からゲネプロへ »