« 昔のレシピ――そのたれはどうするの | Main | 100円札・10円札 »

Feb 15, 2016

『百人一首の謎を解く』/オーレル・ニコレ

 草野隆『百人一首の謎を解く』(新潮選書)を読んだ。百人一首の「前身」にあたる「百人秀歌」(これは戦後発見された)を紹介しつつ,これが何のために作られたのかを探るもので,前に話題になったいろは歌についてのトンデモ本のようなものではなく,至ってまっとうな本である。
 百人一首については,「各歌人の代表作が採られていない」「歌人としてほとんど実績のない人が含まれている」という評言が古くからあった。この本では言及がないが,百人一首と同じ100人のもっと優れた歌を選んだ塚本邦雄『新撰 小倉百人一首』という本さえある(ただし,安倍仲麿と陽成院の2名は他の歌が伝わっていないので百人一首のまま)。塚本によれば,百人一首の歌は二条院讃岐以外は代表歌と呼べず,式子・定家等数首を除けば「一切凡作」だという。
 このように秀歌集とはいえないのはなぜか,また不幸な歌人の歌が多いのはなぜかといった謎は,結局,何のために作られたのかという謎に帰着する。これに対するこの本の回答は,もちろんすっきりと証明できるような性質のものではないが,なるほどそういうことがあっても不思議ではないなと思わせる。

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 1月29日,フルートのオーレル・ニコレ死去。
 1970年ごろ,東京文化会館でリサイタルを聴いたことがある。たぶん無伴奏の夕べだったと思う。バッハの無伴奏ソナタがあったこと,若い奥さんとのデュエットがあったことをかろうじて思い出す。
 1950年代,つまりフルトヴェングラー,チェリビダッケからカラヤンに移りゆく時代のベルリン・フィルの首席をつとめた。1957年にオーボエのローター・コッホが入団し,59年にニコレが去って,ベルリン・フィルの木管の音色は大きく変わっていった。
 ニコレは楽器の掃除をちっともしないので,管の内部は非常に汚いという話を聞いたことがある。そのしっとりした落ち着いた音色は汚れのせいだなどと,仲間で噂した。

|

« 昔のレシピ――そのたれはどうするの | Main | 100円札・10円札 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/63216024

Listed below are links to weblogs that reference 『百人一首の謎を解く』/オーレル・ニコレ:

« 昔のレシピ――そのたれはどうするの | Main | 100円札・10円札 »