« 代役の代役は代役の息子――新国立劇場『ウェルテル』 | Main | また思い出が加わったチャイコの5番 »

Mar 29, 2016

プロ野球開幕,春場所閉幕

 スマホのアプリ「プロ野球速報」(→参照)は,昨年の日本シリーズ最終戦の結果を報告したまま冬眠に入っていたが,3月初めに目覚めて,公式戦の予定を表示した。そして,3月25日のペナントレース開幕と共に,元気に「ナマテキスト中継」を始めた。
 最初のカードが終わったところで,12チーム中10チームは1勝または2勝だが,巨人は3勝,昨年セリーグ優勝のヤクルトだけが未勝利である。
 昨年秋は,山本昌,和田,谷繁,小笠原,高橋尚成,山﨑,森本,谷など,記憶に残る多くの選手が現役を引退した。寂しいことではあるが,若手が活躍できる土俵ができたとも言える。今シーズンは監督も若く,特にセリーグは全員四十代という前代未聞の状態になった。

 大相撲にもスマホのアプリ「大相撲」がある。無料だが,タニマチ(有料会員)になると取組の動画が見放題になる(無料版は1日1つのみ)。
 野球の開幕カードのころ,大相撲春場所が大詰めを迎えていた。結果は白鵬が4場所ぶりに優勝したが,大関の稀勢の里,豪栄道が千秋楽の結びの二番前まで優勝の可能性を残した。初場所の琴奨菊の優勝に続き,大関が強いと場所が盛り上がることがよくわかる。
 最近読んだ長山聡『大相撲 あなたの知らない土俵の奥』(実業之日本社)は,なるほどと思わせる内容が多い本だった。そのひとつ,横綱・大関への昇進は以前より難しくなっていて,特に大関の場合,昇進が遅いために力士としてのピークを過ぎてしまい,昇進前に力士としての寿命を消耗させる結果になっているという。

|

« 代役の代役は代役の息子――新国立劇場『ウェルテル』 | Main | また思い出が加わったチャイコの5番 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/63411281

Listed below are links to weblogs that reference プロ野球開幕,春場所閉幕:

« 代役の代役は代役の息子――新国立劇場『ウェルテル』 | Main | また思い出が加わったチャイコの5番 »