« 早春賦2016 | Main | 代役の代役は代役の息子――新国立劇場『ウェルテル』 »

Mar 19, 2016

回数券で神保町

 昨年11月で子会社勤務が終了し,無職になった(→参照)が,そこで終わらなかった仕事を片付けるために,その後,以前より勤勉に会社へ通う日が続いていた。それが先日,ようやく大部分終了となり,あとは残務整理と片付けのために時々行けばよいという状態になった。
 一方で,長年のつきあいの会社が机を貸してくれることになり,先週から,週に2,3回そこへ通うという新しい生活が始まった。最寄り駅は神保町で,元の会社の移転以来5年3か月ぶりの神保町近辺である。
 昼休みに少し近所を歩いてみたが,さすがに5年の間には新しい昼食の店がたくさんできていて,まぶしいほどである。来週は錦華公園の桜も見ることができるだろう。

 2月半ばに電車の通勤定期が期限切れになり,以後買うのをやめた。中学入学以来ずっと電車通学・通勤だったから,定期を持たない状態になったのは約54年ぶりである。
 Pasmo/Suicaを使っていると交通費についてあまり意識しないことが多くなっていたが,定期がないとなると交通費の負担が気になってくる。そこで使い始めたのが回数券である。通常の回数券(11枚で普通乗車券10枚分の値段,3か月有効)のほかに,主な私鉄では時差回数券(平日10~16時と土休日終日利用可),土休日回数券(土休日のみ利用可)がある。「時差」は12枚,「土休日」は14枚で10枚分の値段だから,特に土休日は28パーセント以上の割引になる。これだったら,退職と関係なく前から使えばよかったと思ったが,Later festival!(通勤定期は1か月に20往復しないと得にならない。)
 地下鉄(東京メトロ,都営地下鉄とも)の場合はさらに便利で,区間でなく値段ゾーン別になっている。だから,たとえば170円の券は170円区間ならどこでも使えるし,それで200円の区間に乗ったら精算機で30円払えばよい。

|

« 早春賦2016 | Main | 代役の代役は代役の息子――新国立劇場『ウェルテル』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/63366697

Listed below are links to weblogs that reference 回数券で神保町:

« 早春賦2016 | Main | 代役の代役は代役の息子――新国立劇場『ウェルテル』 »