« 金沢文庫の「金沢百景――角田武夫が描いた失われた風景」 | Main | 新駅「小田栄」探訪 »

May 17, 2016

横須賀の料亭「小松」全焼

 16日夜,某所でテレビのニュースがかかっていて,「かつて海軍大将・山本五十六らも通った老舗料亭が…」と言っているのが聞こえた。あ,小松のことだな,と思って見ると,激しく炎が上がっている画面が目に飛び込んできた。このところ湿度が低かったし,木造の建物はひとたまりもなかったことだろう。
 郷里・横須賀の料亭「小松」は,だれも呼んでくれる人がいなくて入ったことはないが,海軍御用達の高級料亭として,親またはそれ以前の世代から住んでいる者はだれでも一応は知っている。私の実家からは,まっすぐの道はないので歩くと15分ぐらいかかるが,直線距離は500mぐらいしかない。

 下の写真は,2012年9月に通りかかったときに,古い立派な建物がちゃんとがんばっているなということで写したもの。もう1枚は,その真向かいの私立高校の出身選手応援の垂れ幕で,オリンピック後に銀メダルお祝いのメッセージが加わっている。今回調べたら,この学校は女子高だったのが2000年に共学となり,2013年に市内の別の場所に移転したとのこと。

Komatsu201209a
 
 
 
Komatsu201209b


|

« 金沢文庫の「金沢百景――角田武夫が描いた失われた風景」 | Main | 新駅「小田栄」探訪 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/63644413

Listed below are links to weblogs that reference 横須賀の料亭「小松」全焼:

« 金沢文庫の「金沢百景――角田武夫が描いた失われた風景」 | Main | 新駅「小田栄」探訪 »