« 行司の所属部屋 | Main | ビートルズ来日50周年――高校2年 »

Jun 29, 2016

イギリスのEU離脱

 6月24日昼過ぎ,イギリスの国民投票でEU離脱派が勝利というニュースに驚き,次のエントリーを書こうと思っていたところだったが気勢を削がれて,更新が遅れてしまった。接戦が伝えられていたものの,スコットランド独立の件と同様,最後は反動バネが働いて離脱にはならないと予想していたのだが,考えてみると,特にEU以前を知っている高齢層にとっては離脱が反動でもある。
 イギリスは通貨統合には参加していなかったが,EUの象徴が通貨ユーロである。EUの発足は1993年だが,2002年にユーロの紙幣・硬貨の使用が始まり,EUが誰にも実感される存在となった。2005年暮れに14年ぶりにヨーロッパに行き,オーストリアで初めて「ユーロ体験」をした。前のときに残っていたオーストリア・シリングの紙幣があったので,ユーロに両替できないか銀行で聞いたのだが,中央銀行へ行ってくれという返答だった。
 「理念先行」のヨーロッパ統合だったことが今回の英国離脱を招いた,という論調もあった。その統合の構想の源流はいろいろあるようだが,そのひとつはリヒャルト・クーデンホフ=カレルギー(1984-1972)によるものである。リヒャルトの父はオーストリア=ハンガリー帝国の外交官ハインリヒ,母は青山光子で,リヒャルトも東京生まれである。ミツコは後にヨーロッパでもっとも有名な日本人女性となった。(→参照

 サッカーの欧州選手権EURO2016で,その英国からイングランド,ウェールズ,北アイルランドがベスト16に入り,そのうちウェールズが準々決勝に進んだ。イングランドを破ったのはなんとアイスランド,人口33万人の超小国である。

|

« 行司の所属部屋 | Main | ビートルズ来日50周年――高校2年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/63843874

Listed below are links to weblogs that reference イギリスのEU離脱:

« 行司の所属部屋 | Main | ビートルズ来日50周年――高校2年 »