« 演奏家からの転身 | Main | 行司の所属部屋 »

Jun 12, 2016

今期の買い物応援歌

 4月某日,近所のスーパーに入ったら,ドヴォルザークの交響曲第8番の第4楽章のファンファーレで歓迎された。この店のBGMは半年ごとに一部が入れ替わる。今期の曲はほかに,チャイコ「悲愴」の第3楽章,モーツァルト「リンツ」の第1楽章など。「悲愴」は,なるほど,他の楽章は買い物の意欲を削ぐのでありえない。
 その前は,モーツァルト39番のメヌエット,「ローマの謝肉祭」序曲などだった。モーツァルトはほぼ毎期登場していて,その前は「プラハ」のフィナーレだった。
    (始まったころのことについては →参照

    ------

 ワイシャツの袖が長すぎるとき少し「短絡」するために,アームバンドを時々使っている。要するに,両側にクリップがついた短いバンドである。前に居酒屋で隣になった人が使っていたので,これは何と言って売っているものか聞いたところ,「アームガーター」だと教えてくれた。
 少ししてデパートのワイシャツ売り場で「アームガーター」はあるかと尋ねたところ,なかなか通じない。そこでは「アームバンド」と呼ばれているのだった。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  
 湯飲み茶碗や紅茶のカップは,ちゃんと洗ったつもりでも,翌日に早くも茶渋が出ていることがある。――茶渋は一日にして成る
 「激落ち君」などの名で売っている白い固いスポンジで洗うと気持ちよくきれいになるが,何日かするとやっぱり茶渋が現れる。何日持つかが時によって違うのが不思議。

|

« 演奏家からの転身 | Main | 行司の所属部屋 »

Comments

某英和辞典はgarterを(ワイシャツのそでを押さえておくための)ゴムバンドとしていますが、英辞郎は〔腕の袖を上げておく〕アーム・バンドです。
食洗機メーカー指定の洗剤で洗うと、湯飲み茶碗や紅茶のカップはもちろん、土瓶の手の届かない所に蓄積した茶渋まで完全に落ちます。その代償に何か良くないことがあるのではと思ってしまいます。

Posted by: P.P. | Jun 12, 2016 at 01:17 PM

同じ系列のスーパーに行っているようです。

その他には、フィガロの結婚序曲、ベートーヴェン1番終楽章、マイスタージンガー前奏曲などを耳にしました。

Posted by: HIDAMARI | Jun 15, 2016 at 07:50 AM

うちの近くのスーパーでは、午後7時になると、割引が始まり、「セブン、セブン、セブ〜ン」がかかります(^_^; (ウルトラセブンの主題歌)

Posted by: リンデ | Jun 15, 2016 at 11:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/63766311

Listed below are links to weblogs that reference 今期の買い物応援歌:

« 演奏家からの転身 | Main | 行司の所属部屋 »