« イギリスのEU離脱 | Main | 永六輔と伊藤ユミ »

Jul 07, 2016

ビートルズ来日50周年――高校2年

 6月29日は,ビートルズの来日50周年の日だった。
 1966年6月29日,ビートルズの4人は羽田に着き,半纏を着て飛行機のタラップを降りてきた。公演は翌日から3日間で計5回。当時高校2年生だった私のクラスからも,2人が学校を半日欠席して日本武道館に出かけて行った。このわずか2か月後,ビートルズは公開のコンサートをしなくなった。
 ビートルズがグループとして存在した1962年から1970年,私の学年は中学から大学の時期だった。大学は大学紛争の時代である。後に「団塊の世代」と呼ばれる世代の終わりに位置する私たちは,ビートルズが日本で知られるようになってから解散までを知るほぼ最後の世代になったのだった。
 (ビートルズについての私記は →本拠地参照

 同じく高校2年ぐらいだったと思うが,隣に住むおばさん(と思ったが,後から考えると三十そこそこだったようだ)がやってきて,航海に出ているアメリカ海軍軍人の夫(まだ夫ではなかったかもしれない)からの手紙を読んでくれという。自分では英語が読めないが,聞けばわかるので読んでほしいというのである。
 聞いてわかるように読めるかなと不安だったが,比較的読みやすいブロック体で,難しい単語は使わずに書いてあったので,5分ほど待ってもらってリハーサルをしてから,当人の前で読んだ。
 内容はまったく覚えていないが,最後に with body and soul という句があった。それを聞いたおばさん,「あら,body だって」と身もだえしそうになって,女性とほとんど話をしたことのない男子校生としてはとまどうばかりだった。

|

« イギリスのEU離脱 | Main | 永六輔と伊藤ユミ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/63881466

Listed below are links to weblogs that reference ビートルズ来日50周年――高校2年:

« イギリスのEU離脱 | Main | 永六輔と伊藤ユミ »