« June 2016 | Main | August 2016 »

July 2016

Jul 31, 2016

薔薇戦争の名前,紘子さんの名前

 15世紀イングランドの「薔薇戦争」は,赤薔薇を紋章とするランカスター家と白薔薇のヨーク家に代表される勢力の争いだが,当然のことながら,当時から「薔薇戦争」と呼ばれていたわけではない。松岡和子『深読みシェイクスピア』(新潮文庫)によると,一連の内乱の終結後もずっと名前はなく,最初に「赤薔薇と白薔薇の戦争」と呼んだのは19世紀のウォルター・スコットだったという。
 さてそれでは,第一次世界大戦は,戦前はなんと言っていたのだろう。ヨーロッパが中心ではあったが「世界」という認識があったとすれば,The World War か。
 「薔薇戦争」は英語では Wars of the Roses と複数形だが,1980年代に The War of the Roses という映画があった。邦題は『ローズ家の戦争』。

~~~~~~~~~~~~~~~
 7月26日,ピアニストの中村紘子氏が死去した。
 このブログでは,一度,庄司薫『赤頭巾ちゃん気をつけて』との関連で中村さんの名前を出したことがある(→参照)。子供のころから有名だったからずいぶん年上のような気がしていたが,まだ72歳だった。
 「紘子」とか「紘一郎」(寄生虫学の藤田紘一郎氏など)という名は,一目で「当用漢字制定前」とわかる名である。1948年以降,人名に使える漢字は当用漢字のみになり(後に人名用漢字が加わる),戦後の産物である当用漢字に入らなかった「紘」は使えなくなった。終戦までは国家のスローガン「八紘一宇」に使われた重要な漢字だったのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 29, 2016

選挙のポスター掲示板

 先の参議院議員選挙の投票日が近づいたころ,東京都知事選挙用のポスター掲示板が,参院選用と別に立てられた。参議院の立候補者は東京の場合30人ほどで,大きさとしては都知事選用に十分だったのだが,流用されることはなかった。それはもちろん,国と都という管轄の違いによるのだろうが,物理的にも参院選後都知事選の公示までの少ない日数の中で前のをはがして「受け入れ体制」を整えるのが無理だったということなのだろう。
 なお,その後参院選の掲示板は撤去され,新しく都議会議員の補欠選挙の掲示板が立てられた。こちらは知事選と同日の投票である。
 都知事選には21人が立候補したが,近所の掲示板ではポスターが出ていたのは半分ちょっとの12人だった。ポスターには,有力3候補を含め,政策はほとんどなくて標語のみという人が多く,ポスターを見ても選ぶ手がかりが乏しい。

 1955年以降,殺人事件の件数はほぼ一貫して減り続けている中で,帝銀事件を人数で上回る殺人事件が起こるとは思わなかった。
 ちなみに,やまゆりは神奈川県の花です。――元神奈川県民

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 24, 2016

大橋巨泉の死去

 訃報が先週流れた大橋巨泉は,大学在学中にジャズの解説者・司会者として活動を始めたという。そういえば,最初の妻はジャズ歌手のマーサ三宅だった。
 テレビ番組の司会者として華やかだったのは1960~70年代で,ちょうど我々団塊の世代が十代後半から三十代にさしかかるころだった。特に「11PM」は,高校生・大学生にとって「必修」となった。巨泉が司会する日の麻雀や競馬などは,他の番組がほとんど扱わなかった時代である。高校の時だったが,眼鏡の度を強くしたときにフレームを黒ぶちに替えたら,「お,巨泉だな」とからかわれたりもした。
 巨泉死去を伝えるNHKのニュースの中で,巨泉が司会した「11pm」「クイズダービー」など民放番組のオープニング画面が流れ,さらに「はっぱふみふみ」のCMまで登場したのは,希有の事態だった。

 今日(24日)の「題名のない音楽会」(テレビ朝日系)は,5月に亡くなった富田勲の特集だった。ここでは上記と逆に,NHKの「勝海舟」「きょうの料理」「新日本紀行」などのテーマ音楽が民放で放送された。

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「ポケモンGO」の配信が22日10時ごろから始まった。昼になる前に職場の人が気づき,すぐにダウンロードしていた。
 夜,池袋の西口公園を通りかかったら,ざっと300人ぐらいがスマホを見ていて,異様な雰囲気だった。近くの居酒屋のオジサンたちの間でも「ここにも酔っ払ったモンスターが出てくるぞ」などと話題になっていた。
 なお,ポケモンは横文字では「Pokémon」とeにアクセントがつく。これがないと英語での普通の発音は「ポウクマン」ということになってしまう,という事情もあるのだろう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Jul 16, 2016

永六輔と伊藤ユミ

 永六輔とザ・ピーナッツの伊藤ユミの訃報が同じ日に伝えられた。
 永六輔は,昔から爺さんふうの顔つき・言動だったが,享年83歳と意外と若かった。いろいろな活動をしていた人で,著書も100冊以上あるようだが,印象が強いのは作詞家としての永六輔である。そのリストを見ると,「黒い花びら」「上を向いて歩こう」を初めとして,「帰ろかな」「見上げてごらん夜の星を」「おさななじみ」など,私の少し下の世代までの人だったら誰でも知っている曲ばかりだ。
 ただし,作詞をしていたのは若いときだけで,最大のヒット曲「上を向いて歩こう」も28歳のときのものだった。

 伊藤ユミは,双子の妹の方。姉の伊藤エミは2012年に亡くなっている。ザ・ピーナッツも知っている曲が多いが,印象的なのはまずは「恋のバカンス」,次いで「ウナ・セラ・ディ東京」「恋のフーガ」,あとは映画『モスラ』挿入歌(タイトルは「インファントの娘」というそうだ)。
 初期の「情熱の花」を初めとして「洋楽」の曲を歌うことが多かったが,その中ではテレビの「シャボン玉ホリデー」の最後にいつも歌っていた「スターダスト」が思い出深い。「スターダスト」の作曲者ホーギー・カーマイケルが来日したときに,たまたま「シャボン玉ホリデー」を見てザ・ピーナッツの歌が気に入り,それが縁で「シャボン玉ホリデー」にゲスト出演した,という話を聞いたことがある。
 今回,シングルレコードのリストを見ていたら,「若い季節」があった。NHKテレビの同名連続ドラマの主題歌で,作詞は永六輔である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 できたてのヱビスビール(350ml缶)が1年間毎月1ケース,工場から直送される会員になり,6月下旬に第1回が届いた。蒸し暑い中の至福のとき。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 07, 2016

ビートルズ来日50周年――高校2年

 6月29日は,ビートルズの来日50周年の日だった。
 1966年6月29日,ビートルズの4人は羽田に着き,半纏を着て飛行機のタラップを降りてきた。公演は翌日から3日間で計5回。当時高校2年生だった私のクラスからも,2人が学校を半日欠席して日本武道館に出かけて行った。このわずか2か月後,ビートルズは公開のコンサートをしなくなった。
 ビートルズがグループとして存在した1962年から1970年,私の学年は中学から大学の時期だった。大学は大学紛争の時代である。後に「団塊の世代」と呼ばれる世代の終わりに位置する私たちは,ビートルズが日本で知られるようになってから解散までを知るほぼ最後の世代になったのだった。
 (ビートルズについての私記は →本拠地参照

 同じく高校2年ぐらいだったと思うが,隣に住むおばさん(と思ったが,後から考えると三十そこそこだったようだ)がやってきて,航海に出ているアメリカ海軍軍人の夫(まだ夫ではなかったかもしれない)からの手紙を読んでくれという。自分では英語が読めないが,聞けばわかるので読んでほしいというのである。
 聞いてわかるように読めるかなと不安だったが,比較的読みやすいブロック体で,難しい単語は使わずに書いてあったので,5分ほど待ってもらってリハーサルをしてから,当人の前で読んだ。
 内容はまったく覚えていないが,最後に with body and soul という句があった。それを聞いたおばさん,「あら,body だって」と身もだえしそうになって,女性とほとんど話をしたことのない男子校生としてはとまどうばかりだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2016 | Main | August 2016 »