« 4回目のオリンピック | Main | 銀か銅か――オリンピック点描 »

Aug 11, 2016

メークドラマの「悪夢」

 今季のプロ野球,パリーグは早い時期からソフトバンクの独走となり,セリーグも,最初は混戦が続いていたが7月からは広島が独走し,両リーグとも2位と一時11ゲームの差がついていた。
 広島と2位の差が10ゲームになったとき,長年の広島ファンの知人に「もう大丈夫ですね。2位以下は勝手につぶし合ってるし。」と言ったところ,彼はちょっと困ったような顔をして,「いや,広島はね,10ゲームじゃ全然安心できないんですよ。なにしろ,Gの“メークドラマ”のときに負けたのは広島ですから。」という。
 そういえばそうだった。当時は野球をそれほど熱心に見ていなかったので詳細は忘れていたが,1996年のセリーグは,長島巨人がずっと首位だった広島との最大11.5ゲーム差をひっくり返して優勝し,茫然とするほかなかった。
 今年,彼の心配どおりその後差が縮んで,10日現在4.5ゲーム差。23日からの広島・巨人三連戦が天王山となりそうだ。パリーグはもっと縮んで3ゲーム差になった。

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 オリンピックの男子 200m 平泳ぎの金メダルはカザフスタンの選手で,表彰式で流れた国歌は,ちょっとエキゾチックな短調だった。考えてみると,「君が代」も,旋律は短調でも長調でもない旋法によっているが,和声は短三和音が中心で,西洋音階に慣れた耳には短調のように聞こえる。

|

« 4回目のオリンピック | Main | 銀か銅か――オリンピック点描 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/64042771

Listed below are links to weblogs that reference メークドラマの「悪夢」:

« 4回目のオリンピック | Main | 銀か銅か――オリンピック点描 »