« フォト日記 2016晩秋 | Main | 頌春 2016-2017 »

Dec 28, 2016

火事記――横須賀市立病院 1962

 糸魚川で大火があった。ビル火災は別として,市街地の広い地域の火災は久しぶりで,ニュースで「大火」という言葉が使われるのもこの前はいつだったのか記憶がない。大火があった都市というと酒田,新潟,飯田,函館,八戸などといった名が思い浮かぶが,調べたら酒田(1976)を除いてみな60年以上昔の話で,実はなんとなく聞いたことがあるというだけだった。
 大火でなくても昔の方が火事が多く,私も何度か現場に遭遇した。郷里の横須賀には20年あまり住んでいたが,その間に自宅から徒歩3,4分の範囲で3回火事があった。その中で最大だったのは,1962年3月の横須賀市立病院の火災である。自宅との間には丘があって飛び火の心配はなかったが,町内最大だった建物が焼け落ちるのは恐ろしい光景だった。ちょうど小学校の卒業式を終えた直後に,自分が生まれた病院が焼けたということで,自分史の中でも印象に残る事件となった。
 横須賀市立病院の前身は,旧日本海軍の横須賀海軍病院だった。ということは横須賀市に払い下げられたのは戦後だと思い込んでいたのだが,今回ネット上の資料をあさってみたところそれは誤りで,関東大震災の後のことだったという。明治時代に建てられた建物が大震災で壊れたので,海軍病院は鎮守府近くに移転し,元の場所は横須賀市に移管されて,横須賀市はそこに1931年に市立病院を建てたということらしい。焼けたのは建築の31年後だったことになる。玄関には優美なカーブを描いた車寄せがあって,後から思うとなかなかしゃれた建物だった。
 火災後,病院は再建されず,3年後に横須賀市文化会館が建って,三浦半島随一の演奏会場となった。しかし29年後に,その地位は,オペラハウス仕様の横須賀芸術劇場に譲ることになった。
 私が通っていた小学校の校舎は旧海軍の施設で,米軍基地に接していた。金網の向こうには米海軍の病院があり,ときどき車椅子の人が看護婦さんに押されてその静かな庭を横切ったりしていた。震災後移転して新築された横須賀海軍病院の建物は,現在も米海軍が病院の一部として使用しているというから,私が見ていたのはその建物の裏側だったのかもしれない。後にヘミングウェイの『武器よさらば』を読んだとき,舞台となった病院の風景としてこの米海軍の病院を重ね合わせたりした。

 勤め人生活を終えて,年末だから特に忙しいということもないはずだが,実際には何かと気ぜわしい。ブログの更新もだいぶ間が空いてしまった。この間,暖かい日が多かった。

|

« フォト日記 2016晩秋 | Main | 頌春 2016-2017 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/64688089

Listed below are links to weblogs that reference 火事記――横須賀市立病院 1962:

« フォト日記 2016晩秋 | Main | 頌春 2016-2017 »