« November 2016 | Main | January 2017 »

December 2016

Dec 28, 2016

火事記――横須賀市立病院 1962

 糸魚川で大火があった。ビル火災は別として,市街地の広い地域の火災は久しぶりで,ニュースで「大火」という言葉が使われるのもこの前はいつだったのか記憶がない。大火があった都市というと酒田,新潟,飯田,函館,八戸などといった名が思い浮かぶが,調べたら酒田(1976)を除いてみな60年以上昔の話で,実はなんとなく聞いたことがあるというだけだった。
 大火でなくても昔の方が火事が多く,私も何度か現場に遭遇した。郷里の横須賀には20年あまり住んでいたが,その間に自宅から徒歩3,4分の範囲で3回火事があった。その中で最大だったのは,1962年3月の横須賀市立病院の火災である。自宅との間には丘があって飛び火の心配はなかったが,町内最大だった建物が焼け落ちるのは恐ろしい光景だった。ちょうど小学校の卒業式を終えた直後に,自分が生まれた病院が焼けたということで,自分史の中でも印象に残る事件となった。
 横須賀市立病院の前身は,旧日本海軍の横須賀海軍病院だった。ということは横須賀市に払い下げられたのは戦後だと思い込んでいたのだが,今回ネット上の資料をあさってみたところそれは誤りで,関東大震災の後のことだったという。明治時代に建てられた建物が大震災で壊れたので,海軍病院は鎮守府近くに移転し,元の場所は横須賀市に移管されて,横須賀市はそこに1931年に市立病院を建てたということらしい。焼けたのは建築の31年後だったことになる。玄関には優美なカーブを描いた車寄せがあって,後から思うとなかなかしゃれた建物だった。
 火災後,病院は再建されず,3年後に横須賀市文化会館が建って,三浦半島随一の演奏会場となった。しかし29年後に,その地位は,オペラハウス仕様の横須賀芸術劇場に譲ることになった。
 私が通っていた小学校の校舎は旧海軍の施設で,米軍基地に接していた。金網の向こうには米海軍の病院があり,ときどき車椅子の人が看護婦さんに押されてその静かな庭を横切ったりしていた。震災後移転して新築された横須賀海軍病院の建物は,現在も米海軍が病院の一部として使用しているというから,私が見ていたのはその建物の裏側だったのかもしれない。後にヘミングウェイの『武器よさらば』を読んだとき,舞台となった病院の風景としてこの米海軍の病院を重ね合わせたりした。

 勤め人生活を終えて,年末だから特に忙しいということもないはずだが,実際には何かと気ぜわしい。ブログの更新もだいぶ間が空いてしまった。この間,暖かい日が多かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 13, 2016

フォト日記 2016晩秋

   ――クリックすると大きい写真が出ます――
◇晴れていたので思い立ち,初めて東京スカイツリーへ。ほとんど待たずに入れました。しかし,翌日はもっといい天気でした。下の写真は東武の曳舟駅周辺。
Aapb175450
 
 
 
 
 
Aapb175505
 
 
 
 
 
 
◇木洩れ日 お茶の水
Aapb255576
 
 
 
◇東京メトロ方南町車庫のそばを通りました
Aapb205550
 
 
 
 
 
◇名残の紅葉 目黒・自然教育園にて
Aapc055916
 
 
 
Aapc055877
 
 
 
◇モネの睡蓮カモね 同じく自然教育園にて
   (自然教育園の写真はFaceBook既出です)
Aamonetpc055907
 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 10, 2016

冗語コレクション Part 3/祝開通

◇漢字1字のことですが
 突然の急変,突然の奇襲
 レンブラント自身の自画像[美術館の音声ガイド]
 本人自ら
 みごとな絶景
 おおよその概要
 本当の実力,真の実力
 本物の真剣で
 意外な盲点
 こっそり盗撮
 元の古巣
 かつての古傷
 事前から
 同じテキストに同居している
 音域の幅
 いちばん最優先の課題
 いちばん真ん前
 過大評価されすぎ
 過酷すぎる
 別に他意はありません
 ほかにも余罪があると見て
 悔しいだけの一言です[柔道で銅メダルの松本薫]
 スピードアップ化

◇同じく,動詞篇
 残された遺品
 連戦が続く
 …の中に潜入する
 内定を決める
 逆方向に戻る

◇2字以上が絡むやや念入り篇
 過去になかった異例の事態
 いまだかつて前代未聞
 これからの未来
 本当の正念場
 打線の援護に助けられ
 手分けして分担する
 上から落下
 下から見上げる/上から見おろす
 (人が)外にあふれ出す

◇カタカナ語篇
 基本的なベース
 総トータル
 常連のリピーター
 生き残りをかけたサバイバル
 新しくリニューアルオープン
 いちばんピーク
 リスクの可能性
 左のサウスポー
 シェア率
 思わぬサプライズ

◇重なっているが,正しい
 互いに切磋琢磨して
  《「切磋琢磨」に「互いに(励まし合って)」という意味が含まれているのだが,「互いに」を伴う用例を挙げている辞典もある》
 原寸大
  《考えてみると,「寸」も「大」も「大きさ」なんですが》

◆過去の冗語コレクション
 Part 1 →参照
 Part 2 →参照

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 常磐線で,震災後不通になっていたのは,竜田~小高間と相馬~浜吉田間。このうち,相馬~浜吉田間が12月10日,開通した。先に開通していた小高~相馬間はこれまで孤立区間だったが,これで仙台方面へつながった。
 このうち,駒ヶ嶺~浜吉田間は線路を移設する大工事だった。
 位置関係は以下のとおり:

 上野=いわき=竜田▽双葉▽小高=原ノ町=相馬◎駒ヶ根◎浜吉田=岩沼=仙台
    =:既開通区間   ◎:今回開通
    ▽:不通(竜田~原ノ町間で代行バス運転)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« November 2016 | Main | January 2017 »