« 立川談四楼『声に出して笑える日本語』 | Main | ガヴォット「アマリリス」/山手線の新駅 »

Jan 31, 2017

ポケベルの第1期/直前の2場所に優勝していなくても横綱

 移動中に連絡がつく手段を,一般人が歴史上初めて手に入れたのは,ポケットベルによってだった。ネット上の資料によると,携帯電話の前身の自動車電話(→参照)が登場する10年前の1968年ことだというから,もう50年近く前のことである。
 最初は,後の自動車電話と同じく,ごく限られた人が利用するものだったが,やがて料金も下がってきて,勤務先の取引先の人たちがポケットベルを持つようになったのは1970年代の後半だったと思う。いつも出歩いている営業担当の人に電話をすると,それ前は「帰りましたらお電話させます」だったのが,「呼び出してすぐお電話させます」「はい,いまポケットします」という返事に変わった。
 同じころ,ある演奏会の会場で産科医院の開業医に会ったら,「いやあ,ありがたい時代になりました。ポケベルがあるとなにかあったら連絡が来るんで,臨月の人がいても安心して演奏会に出かけられます」と言っていた。
 ずっと後に大流行したポケベルは数字なども送れるものになったが,当時のポケットベルは単に合図のベルが鳴るというだけだったから,持っている人は,ベルが鳴ったら自分の「本拠地」(自社,自宅など)に電話して伝言を聞くというのが普通の使い方だった。そのころオフィスの電話は代表電話から内線に人間がつなぐのが一般的で,固定電話も1人1台はまだ先の話,ましてケータイなどはドラえもんの世界のものだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~
 大相撲初場所の結びで稀勢の里は白鵬に逆転勝ちし,新聞等の論調の後押しも得て,ともかく文句のない形で横綱に推挙された。正式に横綱に昇進したのは1月25日,たった1週間前のことである。その翌日には綱打ちが行われ,2日後には明治神宮で土俵入りが奉納された。昔からこんなに手際よく,というより慌ただしく,事が進んでいたのだろうか。
 前に蒙を啓いてくれた長山聡『大相撲 あなたの知らない土俵の奥』(実業之日本社)(→参照)によると,横綱昇進のための「連続優勝またはそれに準ずる成績」という内規ができた1958年以降の横綱27人中,「直前の2場所に優勝していないが横綱になった力士」が7人もいるという。

|

« 立川談四楼『声に出して笑える日本語』 | Main | ガヴォット「アマリリス」/山手線の新駅 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/64834011

Listed below are links to weblogs that reference ポケベルの第1期/直前の2場所に優勝していなくても横綱:

« 立川談四楼『声に出して笑える日本語』 | Main | ガヴォット「アマリリス」/山手線の新駅 »