« 海辺の教会で | Main | 立川談四楼『声に出して笑える日本語』 »

Jan 17, 2017

いつまで運転できるか――山梨県立美術館へ

 昨年のニュースで身近なこととして聞いたのは,高齢者の運転による事故の頻発だった。集中力が長時間続かなくなっているのは事実だし,自分はあと何年運転できるだろうかと気にかかる。一方で,私の音楽上の師の一人で78歳まで運転していた人が,「免許の更新のときに認知症のテストを受けたけど,あんな易しいのに通らないようじゃ確かにダメですね」と言っていたのを思い出す。
 私は鉄道が好きだし,酒も好きなので,ふだん出かけるときに車でという発想はほとんどしない。したがって,日ごろたいした距離は走らない。ただし,必要があって,わずかな距離だが少なくとも週に3回は運転している。車の購入費と諸経費よりタクシーを使った方が安いと思うような乗り方だが,近いが故にタクシーもけっこう面倒で,安全に乗れる限りは乗りたい。

 昨年11月,たまには少し長い距離を運転しようと思い立って,一人で甲府の山梨県立美術館まで車で行った。往復250kmほどで,普通の人からするとたいした距離ではないが,私にとっては100km以上運転するのは久しぶりだった。
 ミレーの「落ち穂拾い」で有名な山梨県立美術館へは,開館後間もない1979年に一度行こうとしたことがあった。しかしそのときは,甲府駅からのバスで寝過ごしてしまい,気づいたら駅に戻ってきていて,時間がなくなって行かれなかった。今回は37年ぶりにそのとき以来の宿題を果たしたことになる。
 着いたら1時過ぎだったので,まずレストランへ。甲州みやげの定番・信玄餅の会社の経営だった。次いで,屋外に置かれた彫刻などを見てから,館内に向かう。ありがたいことに,65歳以上は県民以外でも無料だった。
 看板のミレーの作品は「ミレー館」で展示されていた。しかし見るべきはそれだけではなく,常設展で見ることができたのは収蔵品のごく一部だと思うが,国内外の名品が並び,密度の高い展示だった。

|

« 海辺の教会で | Main | 立川談四楼『声に出して笑える日本語』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/64774277

Listed below are links to weblogs that reference いつまで運転できるか――山梨県立美術館へ:

« 海辺の教会で | Main | 立川談四楼『声に出して笑える日本語』 »