« January 2017 | Main | March 2017 »

February 2017

Feb 21, 2017

誕生の日に壮大なレクィエム

 わが家の大きな出来事2つ,思いがけず同じ日に重なった。ひとつは,同居人が合唱のメンバーとして出演するヴェルディ「レクィエム」の演奏会で,これはもちろん前から予定が決まっていたのだが,その本番が始まる8時間前に,初孫が誕生したのである。誕生の日にレクィエムというのも取り合わせが悪いが,予定日は2週間後だったので,まさかこの日になるとは(前日まで)思っていなかった。
 午前中,無事生まれたという知らせが,誕生からわずか36分後にスマホに届いた。ちゃんと写真付きで,まったく便利な世の中になったものだ。やや小さめの元気な女の子で,助産師さんが撮ってくれた両親と3人の写真もあった。

 夜のヴェルディ「レクィエム」の演奏会は,東京某区の主催で,公募したメンバーによる合唱団が歌うというもの。去年の6月ごろ募集があり,同居人は今年3月末で定年退職なので,自分で退職を記念して,長年のあこがれだったこの曲を歌いたくて応募した。定員250名のところ,数日で270名に達して締め切りになったという。
 オーケストラは東京フィルハーモニー,指揮は昨秋29歳(!)で東フィルの首席指揮者になったアンドレア・バッティストーニ,ソリストは安藤赴美子,山下牧子(つい10日前に新国立劇場で蝶々夫人・スズキを歌ったコンビ),村上敏明(予定の人がインフルエンザになって代役。当日のゲネプロから参加),妻屋秀和という一流メンバー。
 バッティストーニは,見た目はずんぐりしていて熊みたいな感じだが,指揮は切れがよくて,かつ遅いテンポのところも味があって,大いに堪能した。現場感覚にもすぐれているようで,「ディエス・イレ」でトランペットの別働隊が客席で吹くところでは,トランペットのために左手をわずかに早いタイミングで振って遅れないようにしていた。すでにバイエルン,スカラ座,ベルリン・ドイツオペラなどでも振っているそうで,オペラをよく演奏している東フィルとしてはいい人をつかまえたものだ(秋には演奏会形式の『オテロ』がある)。
 最後の音が消えたあと,指揮者がゆっくりと手を降ろし,なおしばらく祈りを捧げて,感動的な長い静寂は40秒(たぶん)に及んだ。それからようやく拍手が急速なクレッシェンドでわき起こった。アッバード=ベルリン・フィルの『トリスタン』(2000年,東京文化会館)の約15秒を大きく上回る最長静寂記録である。
 合唱は,まったくの寄せ集めで経験もばらばら,平均年齢はかなり高く,男声が少なくて(本番ではトラが入っていた),合唱指揮者は大変だっただろうと思う。バッティストーニ氏は,終演後,合唱団の前であいさつし,来年の(合唱付きの曲の)予定を熱く語ったという。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 17, 2017

南へ西へ,お得きっぷで

 京浜急行の「みさきまぐろきっぷ」,京王電鉄の「高尾山きっぷ」は,共に行き止まりの終点まで行く往復乗車券とその先の交通機関の運賃がセットされたお徳用切符である。2月の平日に,この2つの切符を相次いで使った。
 まずは,京急の「みさきまぐろきっぷ」。食事券と,施設利用またはお土産の券もセットになっていて,値段は,電車とバスで三崎港まで往復する運賃プラス600円ほど(品川からの場合)なので,3枚目の券をお土産に引き替えれば元がとれて,食事の分はまるまる得,という計算になる。
 食事券の使える店は30店ほどあって,三崎港の付近に多いが,電車の終点・三崎口のひとつ手前の三浦海岸駅周辺にも何軒かある。こちらの方が空いているのではと思って三浦海岸で降りたのだが,どこの店も平日なのにけっこう混んでいた。それでも入れるところに入って(混雑具合はスマホでわかる),海を眺めながらゆっくり酒を飲んで,「まるまるお得」の食事をして満足。
 三浦海岸駅前では河津桜が満開で,桜祭りのテントが出ていた。三浦海岸と三崎口の間には線路際に河津桜が咲く鉄道名所があり,こちらも,車中から見ただけだが,見事だった。河津桜は,ソメイヨシノよりずっと花のボリュームがあって色も濃く,雰囲気は陽春である。

 その数日後に,こんどは「高尾山きっぷ」で終点・高尾山口へ。日差しは比較的暖かかったが,やはり山の中で底冷えがする。こちらは食事券はないが,各駅で配布されているパンフレットに割引券がついていて,19店でそばが100円引きになる。
 前にも入ったことのある店で,「天狗の耳たぶ」の天ぷらを食べた。天狗は高尾山のシンボルで,「天狗まんじゅう」「天狗ドッグ」などそこらじゅうに天狗関係の商品があるが,この天狗天狗の耳たぶというのは,地元の特厚キクラゲのこと。これと自然薯豆腐ともりそばで,これまた満足という次第。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~
 テノールのニコライ・ゲッダ氏が1月8日に死去したことが,先週新聞で報じられた。享年91歳。生で聞いたことはないが,オペレッタのCDなどを何枚か持っていて,なじみのある名前だった。
 これより先,指揮者のジョルジュ・プレートル氏が1月4日に死去した。享年は1つ違いの92歳。こちらも生で聞いたことはないが,プーランク作品集のCDなどを愛聴していた。ウィーン・フィルのメンバーによるブログ(今は休止中)にも,プレートルが振りにくるのを楽しみにしていることが何度か書かれていた。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Feb 11, 2017

ガヴォット「アマリリス」/山手線の新駅

 JR赤羽駅の埼京線ホームの発車メロディーが少し前から「アマリリス」になり,何十年ぶりかでこの曲を耳にした。昔はけっこうよく知られていた曲で,私は小学校の器楽合奏で演奏した覚えがある。
 大人になってから,「アマリリス」はガヴォットであることに気づいた。ガヴォットは4分の4(または2分の2)拍子で,小節の真ん中から,つまり半小節というちょっと長めのアウフタクトで始まるのが通例。この曲もそうだ。
 最近ネットを検索してみたら,「アマリリス」の作曲者は,かつてはルイ13世と伝えられていたこともあるが,今はアンリ・ギス(Henry Ghys 1839-1908)というフランス人とされているとのこと。アンリ・ギスは,モーリス・ラヴェルの最初のピアノの師だという。
 ネット上にはこの曲の演奏も何種類かあって,聞いてみたらABACBCAというちょっと変則のロンド形式になっていた。私が中間部として知っていたのは下属調のCの部分で,短調のBの部分は聞き覚えがなかった。とすると,小学校のときにはどういう演奏をしたのだろう。当時,小節の真ん中から始まって中間部で転調するような楽譜を演奏できたとは思えない。A部分だけ,2拍移動して小節の最初からという形で演奏したと推測するのが穏当なところか。A部分は,ガヴォットであることを意識しなければ,1拍め始まりにしてもまあ大きな違和感はないのに対し,C部分は3拍めから始めないとサマにならない。

  ~~~~~~~~~~~~~~
 山手線の品川・田町間に作る新駅の起工式があった。暫定開業予定は2020年。山手線では,西日暮里駅(1971年開業)以来約半世紀ぶりの新駅となる。ちなみに,西日暮里の次に新しい駅は御徒町(1925年開業)である。
 駅名についていろいろな案が出ているが,周囲の地名の分布からは「高輪」が順当のように見える。対抗は「泉岳寺」,穴は「品田」といったところか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2017 | Main | March 2017 »