« 南へ西へ,お得きっぷで | Main | フィルム・カメラの時代 »

Feb 21, 2017

誕生の日に壮大なレクィエム

 わが家の大きな出来事2つ,思いがけず同じ日に重なった。ひとつは,同居人が合唱のメンバーとして出演するヴェルディ「レクィエム」の演奏会で,これはもちろん前から予定が決まっていたのだが,その本番が始まる8時間前に,初孫が誕生したのである。誕生の日にレクィエムというのも取り合わせが悪いが,予定日は2週間後だったので,まさかこの日になるとは(前日まで)思っていなかった。
 午前中,無事生まれたという知らせが,誕生からわずか36分後にスマホに届いた。ちゃんと写真付きで,まったく便利な世の中になったものだ。やや小さめの元気な女の子で,助産師さんが撮ってくれた両親と3人の写真もあった。

 夜のヴェルディ「レクィエム」の演奏会は,東京某区の主催で,公募したメンバーによる合唱団が歌うというもの。去年の6月ごろ募集があり,同居人は今年3月末で定年退職なので,自分で退職を記念して,長年のあこがれだったこの曲を歌いたくて応募した。定員250名のところ,数日で270名に達して締め切りになったという。
 オーケストラは東京フィルハーモニー,指揮は昨秋29歳(!)で東フィルの首席指揮者になったアンドレア・バッティストーニ,ソリストは安藤赴美子,山下牧子(つい10日前に新国立劇場で蝶々夫人・スズキを歌ったコンビ),村上敏明(予定の人がインフルエンザになって代役。当日のゲネプロから参加),妻屋秀和という一流メンバー。
 バッティストーニは,見た目はずんぐりしていて熊みたいな感じだが,指揮は切れがよくて,かつ遅いテンポのところも味があって,大いに堪能した。現場感覚にもすぐれているようで,「ディエス・イレ」でトランペットの別働隊が客席で吹くところでは,トランペットのために左手をわずかに早いタイミングで振って遅れないようにしていた。すでにバイエルン,スカラ座,ベルリン・ドイツオペラなどでも振っているそうで,オペラをよく演奏している東フィルとしてはいい人をつかまえたものだ(秋には演奏会形式の『オテロ』がある)。
 最後の音が消えたあと,指揮者がゆっくりと手を降ろし,なおしばらく祈りを捧げて,感動的な長い静寂は40秒(たぶん)に及んだ。それからようやく拍手が急速なクレッシェンドでわき起こった。アッバード=ベルリン・フィルの『トリスタン』(2000年,東京文化会館)の約15秒を大きく上回る最長静寂記録である。
 合唱は,まったくの寄せ集めで経験もばらばら,平均年齢はかなり高く,男声が少なくて(本番ではトラが入っていた),合唱指揮者は大変だっただろうと思う。バッティストーニ氏は,終演後,合唱団の前であいさつし,来年の(合唱付きの曲の)予定を熱く語ったという。

|

« 南へ西へ,お得きっぷで | Main | フィルム・カメラの時代 »

Comments

お孫さんの誕生おめでとうございます。御健康とご多幸をお祈りします。

Posted by: リンデ | Feb 28, 2017 at 10:00 PM

ありがとうございます。たくましく育っています。

Posted by: IIZUKA T(家主) | Mar 11, 2017 at 11:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/64921479

Listed below are links to weblogs that reference 誕生の日に壮大なレクィエム:

« 南へ西へ,お得きっぷで | Main | フィルム・カメラの時代 »