« 消えた赤羽「まるよし」 | Main | 都電 バラの季節 »

May 12, 2017

東武の新しい特急「リバティ」に乗車

 某平日,東武スカイツリーラインを4月21日から走り始めた新車両による特急「リバティ」に乗りに出かけた。始発の浅草駅を11時出発。野岩鉄道に直通して会津田島まで行く3両「リバティあいづ」の後ろに,東武日光へ行く3両「リバティけごん」が連結されていて,両者の間にはちゃんと貫通路がある。ニュース等をよく見ていなくて,乗るときに初めて知ったのだが,「リバティ」というのは Revaty と綴られる。variety と liberty に由来するというが,ちょっと強引な造語だ。
 最初はすいていたが,北千住でかなりの人が乗ってきて,8割以上席がうまった。急カーブを身をくねらせるように走っていた電車が,北千住を過ぎると息を吹き返し,複々線を快調に飛ばす。4月1日に改名した「獨協大学前」(もと「松原団地」)も一瞬で通過した(この駅にちなむ思い出については →参照)。
Ap5097423
 
 
 
Ap5097443
 
 
 
A3p5097434
 
 
 
 
 
 「あいづ」と「けごん」は下今市で切り離しになる。貫通路はふさがれ,何人もの人の確認を経て,切り離し作業が終わって,「あいづ」が先に出発した。曇っていたが,田畑と山の新緑が目にしみた。12:51 東武日光着。
 日光まで来たものの,特に用事があるわけではない。かといって,修復された陽明門を見に行くほどの時間はない。結局,駅近くを少し歩き回ったあと,「ゆばトマト雑炊」で昼食とする。

 帰りはJR日光線に乗るつもりでいたが,変更して 14:23 発の「リバティ」にした。行きと反対に下今市で鬼怒川方面からの車両を連結した。しかし間もなくアナウンスがあって,春日部の方で人身事故があったということで,途中の板倉東洋大前駅でしばらく止まるという。特急券はもちろん買ってあったが,乗車券はICカードという「気楽な身分」だったこともあり,JRにも乗れる駅ということで,栃木駅で下車した。
 しかし,JRの次の電車が1時間後なのに対し,東武の14:41の各駅停車・南栗橋行きは時刻どおり動くというので,これに乗った。後続の特急2本は運休だという。途中,板倉東洋大前駅では,先ほどまで乗っていた「リバティ」が止まっていて,わが各駅停車は何事もなかったかのように停車し,先に発車した。
 次のJR接続駅の栗橋で下車し,上野東京ラインの電車に乗る。栗橋のホームで待っているときに,さっき抜かした「リバティ」が通過していった。16:10ごろ開通したらしい。ほかに栗橋からJRに転線する特急が通過した。
 結局,最初の予定(JR日光線)より1時間ほど遅れて帰宅した。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 1月から,都営地下鉄の神保町駅が3年がかりのリニューアル工事に入った。これより先,同じく都営地下鉄の日比谷駅も工事を始めた。こちらは2年がかり。東京メトロでは,大手町などで大きな工事をしている。特に丸ノ内線のホームは暗い状態が続いている。
 既存の駅の工事は,人と電車の通行を確保しながら進めなければならないので,効率が悪く,どうしても年月がかかる。

|

« 消えた赤羽「まるよし」 | Main | 都電 バラの季節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/65269084

Listed below are links to weblogs that reference 東武の新しい特急「リバティ」に乗車:

« 消えた赤羽「まるよし」 | Main | 都電 バラの季節 »