« 森の中――祖母・伯母,曾祖母 | Main | 赤羽「まるよし」続報/朝から飲める店の時間変更 »

Jun 22, 2017

新国立劇場『ジークフリート』

 某休日,新国立劇場の『ジークフリート』を見た。新制作というものの,故ゲッツ・フリードリヒの演出をフィンランド国立歌劇場から借りた舞台である。
 1987年に初めて見た『リング』(ベルリン・ドイツオペラ)がゲッツ・フリードリヒだったのでなつかしさはあるが,その後のクプファー演出やキース・ウォーナーの「トーキョー・リング」を見た目には新演出というときめきは感じない。それでも,ひとつのリングとして完成度はなかなかのものだった。全体に,短いのにしまりのない最初の『ラインの黄金』(2015年10月)に比べて『ワルキューレ』(2016年10月)は格段に良かったが(→参照),今回も『ワルキューレ』とほぼ同じ水準を保持したように思う。オケは今回は東響(今までは東フィル)。
 歌手はみな立派だった。タイトルロールのステファン・グールドは,とても普通の少年には見えず,相撲の新弟子のようだったが,声は若々しく,けっこう身軽に動いていた。ブリュンヒルデは『ワルキューレ』の終幕から1年間岩山で寝ていたわけだが,そのブリュンヒルデを守っていた炎は,ジークフリートが登場するとすぐ自動消火されてしまった。これでは英雄でなくても越えられる。それもヴォータンの意図ということか。
 ちょっと変わっていたのは,森の小鳥の役を黄白赤緑の4人で分担して歌ったこと。順番に木の上で歌い,さらにバレリーナも1人加わっていた。

 この物語では,ジークフリートはミーメに育てられたことになっている。周囲にほかに人間がいなかったようなので,ジークフリートは言語をすべてミーメに教わったことになる。1人の,それも男から習得する言語はどういうものになるのだろう。「女」という言葉を知っているようだが,見たことがなくてどう理解していたのだろう。
 元言語学徒としてはいささか気になるところだ。

|

« 森の中――祖母・伯母,曾祖母 | Main | 赤羽「まるよし」続報/朝から飲める店の時間変更 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/65442879

Listed below are links to weblogs that reference 新国立劇場『ジークフリート』:

« 森の中――祖母・伯母,曾祖母 | Main | 赤羽「まるよし」続報/朝から飲める店の時間変更 »