« June 2017 | Main

July 2017

Jul 20, 2017

禁煙の歩み

 昔は,少なくとも男はタバコを吸うのが当たり前だった。遠い学生時代に,何かの集まりでの自己紹介で「タバコは吸いません」と言ったら,「じゃあ,酒と女だけか」とからかわれたりした。大学に入って間もないころだったから未成年だったわけだが,吸わないのは少数派だった。
 そのころ,というのは60年代末から70年代初めだが,ハイライトは80円,セブンスターは100円だった。狂乱物価前のことで,100円あれば学生食堂はもちろん,町の大衆的な食堂でも昼食が食べられた時代だから,タバコを吸わない私は,80円もするタバコを友人たちがしょっちゅう買っているのが不思議だった。
 習慣として吸ったことはないが,友人からもらったりして吸ってみたことはある。当時から喫煙と肺がんとの関係は指摘されていたので,ある飲み会のとき「税金払って肺がん買う気はしないよ」と言ったら,某友人は「じゃあ,今日は税金の方はオレが払う」と言って1本恵んでくれた。
 鉄道も,国電(山手線,総武線など国鉄の都内・近郊電車)や近距離の私鉄など以外は喫煙が前提となっていて,席には灰皿が備え付けてあった。国電も,駅はもちろん喫煙可だった。東海道新幹線に禁煙車が登場するのは,1976年のことである。それも最初は「こだま」の自由席1両のみだった。
 70年代前半に就職した職場でも,当時はみな自分の席で吸っていた。「タバコを吸っている方が,何か考えているみたいに見えて,いいんですよ」などと言う先輩もいたし,パイプを机に並べている人もいた。30人ぐらいの大部屋にいたので,夕方になるといつも部屋の向こうが少しおぼろげになっていた。年末の大掃除のときには,金属のキャビネットなどに付着した黄色いヤニを落とすのに何時間もかかった。

 厚生労働省のサイト(→参照)によると,男の喫煙率は1971年がピークで83.7%,以後下がり続けて,2016年には29.7%になったという。喫煙派が50%を割ったのは2002年である。
 80年代になってからだと思うが,東京文化会館のホワイエに「禁煙コーナー」ができた。しかしそれは比較的短期間で逆転し,「喫煙コーナー」に変わった。それがさらに屋外に追いやられたのはだいぶ後のことである。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jul 09, 2017

訃報:後藤美代子氏

 NHKでオペラを中心とする音楽番組を長く担当していたアナウンサー,後藤美代子さんが7月5に亡くなった。享年86歳。
 後藤さんといえばまずはFMの「オペラアワー」。私がオペラを見始めた1970年代,あらすじを紹介する後藤さんの落ち着いた声は,ラジオ・テレビの他のどのアナウンサーよりも耳にお馴染みだった。
 訃報での紹介によれば,1953年のテレビ放送開始と共に女子アナ1期生としてNHKに入ったとのこと。定年退職後は,オペラの会場でも,その小柄な姿をよく見かけた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 07, 2017

「バベルの塔」の大きさ/将棋棋士の勝率

 6月某平日,東京での会期末が迫った「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展」(東京都美術館)を見に行った。ヒエロニムス・ボスなど興味深いものはたくさんあったが,目玉は「タイトルロール」の「バベルの塔」。巡礼の道を行くように,順序に従って上の階へ登って,最後にご本尊の登場となる。
 「バベルの塔」の内容は壮大だが,絵の実際の大きさは60cm×75cmほどで,それほど大きいわけではない。そのぶん隅々まできわめて細密で,その細密度は「子供の遊戯」「謝肉祭と四旬節の喧嘩」などを大きく上回り,人間は豆粒より小さい。「バベルの塔」コーナーの入り口に,塔の1階部分の超拡大図(ほぼ「実物」大?)があったが,それを見ても細部の形は非常にきちんとしている。
 人間の大きさなどから推測すると,絵の中の塔の高さは550mぐらいになるという。東京スカイツリーに迫る高さである。しかも,スカイツリーは鉛筆のように細いのに対し,この塔は,高さとの比率からすると底部の直径が400mぐらいはある巨大な建物である。旧約聖書の時代にこれを作ったとしたら,仮に神の怒りがなかったとしても力学的に持たないのではなかろうか。
 (同展は,今年 7/18-10/15に国立国際美術館(大阪)で開催)

 6月の話題沸騰の14歳は卓球の張本智和と将棋の藤井聡太四段。将棋が棋戦主催社以外の新聞の1面にしょっちゅう登場するなどということは,かつてなかった。
 藤井は,連勝記録はとぎれたが,デビュー以来30勝1敗(7/6現在)。日本将棋連盟のサイトによると,プロ棋士の通算勝率は羽生善治の0.7151が最高で,以下6割台後半は佐藤天彦,渡辺明の2人のみである。ということは,藤井がこれから11連敗すると30勝12敗となってようやく現在の羽生の勝率を下回るということになる。実際には今後しばらくは少なくとも勝率7割以上でいくだろうから,勝率が他の棋士と比較されるようになるのはかなり先になるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2017 | Main