« 訃報:後藤美代子氏 | Main | 空海は「まお」ちゃん »

Jul 20, 2017

禁煙の歩み

 昔は,少なくとも男はタバコを吸うのが当たり前だった。遠い学生時代に,何かの集まりでの自己紹介で「タバコは吸いません」と言ったら,「じゃあ,酒と女だけか」とからかわれたりした。大学に入って間もないころだったから未成年だったわけだが,吸わないのは少数派だった。
 そのころ,というのは60年代末から70年代初めだが,ハイライトは80円,セブンスターは100円だった。狂乱物価前のことで,100円あれば学生食堂はもちろん,町の大衆的な食堂でも昼食が食べられた時代だから,タバコを吸わない私は,80円もするタバコを友人たちがしょっちゅう買っているのが不思議だった。
 習慣として吸ったことはないが,友人からもらったりして吸ってみたことはある。当時から喫煙と肺がんとの関係は指摘されていたので,ある飲み会のとき「税金払って肺がん買う気はしないよ」と言ったら,某友人は「じゃあ,今日は税金の方はオレが払う」と言って1本恵んでくれた。
 鉄道も,国電(山手線,総武線など国鉄の都内・近郊電車)や近距離の私鉄など以外は喫煙が前提となっていて,席には灰皿が備え付けてあった。国電も,駅はもちろん喫煙可だった。東海道新幹線に禁煙車が登場するのは,1976年のことである。それも最初は「こだま」の自由席1両のみだった。
 70年代前半に就職した職場でも,当時はみな自分の席で吸っていた。「タバコを吸っている方が,何か考えているみたいに見えて,いいんですよ」などと言う先輩もいたし,パイプを机に並べている人もいた。30人ぐらいの大部屋にいたので,夕方になるといつも部屋の向こうが少しおぼろげになっていた。年末の大掃除のときには,金属のキャビネットなどに付着した黄色いヤニを落とすのに何時間もかかった。

 厚生労働省のサイト(→参照)によると,男の喫煙率は1971年がピークで83.7%,以後下がり続けて,2016年には29.7%になったという。喫煙派が50%を割ったのは2002年である。
 80年代になってからだと思うが,東京文化会館のホワイエに「禁煙コーナー」ができた。しかしそれは比較的短期間で逆転し,「喫煙コーナー」に変わった。それがさらに屋外に追いやられたのはだいぶ後のことである。

|

« 訃報:後藤美代子氏 | Main | 空海は「まお」ちゃん »

Comments

江戸時代は喫煙率が高かったそうで、歌舞伎や人形浄瑠璃にも来客に煙草盆を勧める場面がよくあります。仮名手本忠臣蔵では戸無瀬が道中で一服し舞台に煙が立ちます。伊賀越道中双六では唐木政右衛門が莨を刻みます。

Posted by: P. O. | Jul 20, 2017 at 11:53 AM

 古いテレビ番組をみていると、でている男性はみな煙草をすってますよね。それがかっこ良かった時代なんでしょうね。

Posted by: リンデ | Jul 21, 2017 at 06:41 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/65557642

Listed below are links to weblogs that reference 禁煙の歩み:

« 訃報:後藤美代子氏 | Main | 空海は「まお」ちゃん »