« 真夏のオーケストラ――母校の記念コンサート(上) | Main | 8月10日は本拠地サイト記念日――開設20周年 »

Aug 08, 2017

ラヴェルのピアノ協奏曲を演奏――母校の記念コンサート(下)

承前
 ラヴェルのピアノ協奏曲は,今回の「両手」ト長調と「左手のための」の2曲。このうち,「左手」は40年以上昔にコーラングレ(イングリッシュ・ホルン)を吹いたことがある。「両手」の方のコーラングレもいつか吹いてみたいと思っていたが,アマチュア・オケが滅多に演奏しない曲であり,吹く機会はないだろうと思っていた。その機会が今回突然訪れ,急いで応募した(ほかにベートーヴェンの協奏曲の第2オーボエを担当した)。
 「両手」のオケは少々変わった編成で,ピッコロ/フルート,オーボエ/コーラングレ,Es管クラリネット/(普通の)クラリネットがそれぞれ「専任」(持ち替えなし)で各1,ファゴット2,ホルン2,トランペット1,トロンボーン1,ハープ,ティンパニ&打楽器,弦5部。練習では常にどこかのパートが欠けている状態で,本番前日のゲネプロでようやくメンバーが揃った。
 この曲,第2楽章のテーマ(アダージョ・アッサイ,3/4拍子)は,最初はピアノのソロで演奏されるが,後半で再現する際にはコーラングレが旋律を吹く。楽章全部で108小節のうち,このソロは33小節,つまり30%を占め,演奏時間は2分半以上で,ほとんど『トリスタンとイゾルデ』第3幕の無伴奏のソロに匹敵する長さである。コーラングレのソロというと「新世界より」の第2楽章がもっとも有名だが,これとて3回合わせて正味1分半ちょっとである。
 ただ,この曲が新世界やトリスタンと違うのは,終始ピアノの華麗な装飾句に彩られていることである。幸か不幸か,普通の聴衆はもっぱらピアノを聴いていて,テーマを演奏する楽器のことはほとんど気にしていない。
 ソリストのS君は27歳,高校を出たあとすぐフランスへ留学し,今回は本番1週間前に帰国した。ちょうど10年前,S君が高校2年のときに,同じく高校の関係者によるオーケストラでベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番を演奏したことがある。そのときも素晴らしかった(→参照)が,今回はもちろんさらに輝きを増し,激しいリズムの部分からシンプルな歌まで,余裕たっぷりにラヴェルの多様な世界を見せてくれた。
 協奏曲の演奏のとき,ソロにあまり聴き惚れていると,自分が出損なったりトチったりすることがある(長い間にはいろいろなことがあった…)。今回の本番では,心を鬼にして(?)冷静に聞くように努めた。そして,第2楽章。間にまったく休符のない2分半のソロは,スタミナ切れにならずになんとか「完奏」することができた。

 急いで付け加えるが,もう1曲のベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番も名演だった。こちらは「メサイア」以外の指揮をしたN君の弾き振りである。N君はS君より4学年上で,ピアニストとしての実績を着実に積んでいる。オーケストラの大部分のメンバーは弾き振りが初めてだったようで,練習のときは途中で破綻することもあったが,本番はピアノも聞きやすく,コンサートマスターもよく見えたので,なんとかきちんとした演奏になった。
 「ソリストが弾きたい曲を全部並べ」た(プログラムより)ごたまぜコンサートではあったが,お客さんにも楽しんでもらえたのではないかと思う。母校からは,音楽以外の芸術・文芸分野にも多様な人材が送り出されているが,音楽家の層が厚くなっていることにあらためて感慨を覚えた。

|

« 真夏のオーケストラ――母校の記念コンサート(上) | Main | 8月10日は本拠地サイト記念日――開設20周年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/65636832

Listed below are links to weblogs that reference ラヴェルのピアノ協奏曲を演奏――母校の記念コンサート(下):

« 真夏のオーケストラ――母校の記念コンサート(上) | Main | 8月10日は本拠地サイト記念日――開設20周年 »