« 岩波文庫の新しい源氏物語/京浜急行特集の臨時増刊 | Main | エスカレーターを歩く/東京外し »

Sep 15, 2017

池之端藪蕎麦の閉店

 9月某日の昼過ぎ,上野の美術館に行った帰りに,久しぶりに池之端の藪蕎麦へ行こうと思い立った。
 中央通りを折れて,昼間でも客引きのいるあたりを抜け,このあたりと思う所まで来たのだが,「藪」の看板が見えない。なおも行くともう千代田線の湯島駅なので引き返し,もう一度よく見たところ,店のあった場所とおぼしき所に建築中の小さいビルがあった。鉄骨が2階まで組み上がったところだった。先日も居酒屋の取り壊しと復活を見たばかりだったので,ここも建て替えかと思ったのだが,建築に関する掲示の建築主のところは不動産会社の名になっていた。昼食は,この通りのもうひとつの名店「蓮玉庵」に入った。
 帰ってからネットを検索したら,具体的な情報はあまりなかったが,どうやら店主が病気で昨年閉店したらしい。火事にあった「神田藪」は立派に再建されたが,それと入れ替わるように「三大藪」(もうひとつは浅草の「並木藪」)の一角が消えてしまったことになる。藪蕎麦はどこも蕎麦の量が少なめで,「池之端藪」も決して安いとは思わないが,つまみがいろいろあるし,落ち着いていてしかも適度に気軽な雰囲気の店だった。
 デジタルの記録のあるここ20年で17回足を運んだ。そのうち2013年の1月のときは,これも好んで行っていた新井薬師の「松扇」が閉店(こちらは地方へ移転)していたので,やむを得ず池之端へ行ったのだった。その次,同じ年の11月に行ったのが最後になった。

|

« 岩波文庫の新しい源氏物語/京浜急行特集の臨時増刊 | Main | エスカレーターを歩く/東京外し »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/65792890

Listed below are links to weblogs that reference 池之端藪蕎麦の閉店:

« 岩波文庫の新しい源氏物語/京浜急行特集の臨時増刊 | Main | エスカレーターを歩く/東京外し »