« 綺羅星と間髪 | Main | 「真白き富士の根」と「高校三年生」――悲しくない短調 再び »

Oct 31, 2017

神保町ニュース 2017秋――スタバ,ドンキ閉店/行列/担々麺2軒

 10月下旬の某日,神保町の錦華通りからマクドナルドの角を曲がって靖国通りに出たら,景色が変わっていた。右手のビルの1階が閉まっていて,ガラスのドアや窓に白いシートが貼ってある。あれ,ここ何があったんだっけと一瞬考えて,そうだスタバだったと気づいた。
 近寄ると,スターバックスコーヒー神保町1丁目店は10月24日をもって「閉店することになりました」という予告の貼り紙がそのまま出ていた。ふだんドトールを愛用している私にとっては,まったく突然だった。
 愛好者のツイッター(→参照)によると,同店は開店15周年を迎えたところだったという。地下鉄3線が集まる神保町駅から200メートルほどで,場所は悪くないと思うし,神保町ならスタバの1軒ぐらいあっていいと思うのだが,なぜ15年もたって撤退なのだろう。ビルの持ち主の事情か,あるいは,もっといい場所が見つかったとか?Aapa307875Aapa307876


 
 
 
 
 もうひとつ,こちらは少し前からネット上でその早さが話題になっていたが,ドン・キホーテ靖国通り神保町店が10月13日限りで閉店した。今年2月の開店だから,わずか8か月の命だった。
 同社広報は「ロケーションなどを勘案し店舗以外での活用がグループ全体として最適だと判断した」としている。つまり,そのロケーション選びが誤りで,ドンキは神保町にはそぐわなかったということだろう。本棚のイラストを壁に描いたりして「同化」を図っていたようではあるけれど。

 いま神保町随一の行列店は,レオマカラズヤ隣に8月22日開店の <蘭州拉麺> 馬子禄(マーズルー) 牛肉面。中国・蘭州の牛肉麺の店の日本第1号店だという。
 いつも店前の歩道上に九段下方向に向かって行列ができているが,今は古本市の露天店舗があるため,レオマカラズヤの裏側に行列の続きができている(正確には,作らされている)。

 10月に入ってから,錦華通りに担々麺の店が2つもできた。
 ひとつは,14日開店の <汁なし担々麺>くにまつ。汁なし専門で,高い椅子と立ち食いのカウンターの店。広島の有名店が進出してきたとのこと。メニューは普通のと激辛KUNIMAXの2種に,温泉卵,ミニライスとシンプル。「洗うのをサボって」紙のカップで出される。
 もうひとつは,そこからほんの30メートルほどのところに16日開店の <四川担々麺> 簫記。つい先ごろまでトッポギの店があった場所である。メニューは白ごま,黒ごま,麻辣(この順に辛くなる)と,汁なし。

 いま,神保町古本まつりが開催されている。11月5日まで。Aapa307880_2


|

« 綺羅星と間髪 | Main | 「真白き富士の根」と「高校三年生」――悲しくない短調 再び »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/65985204

Listed below are links to weblogs that reference 神保町ニュース 2017秋――スタバ,ドンキ閉店/行列/担々麺2軒:

« 綺羅星と間髪 | Main | 「真白き富士の根」と「高校三年生」――悲しくない短調 再び »