« 銀行の合併 | Main | 学生時代 »

Nov 24, 2017

神保町ニュース 2017晩秋――半チャンラーメン新旧,乾隆帝,個人差

 神保町の有名ラーメン店「さぶちゃん」が11月(何日かは不明)閉店した。店主の三郎さんはここ何年か体調不良だったようで,ときどき店を休みにしているのは目撃していた。やっているときも,体を動かすのがつらそうだったという。(右の写真は今年9月8日の撮影 スマホの中を探したら見つかったので,11/27追加)20170908_123733_3

 この店,半チャンラーメンの元祖(ほかにもいろいろな説があるけれど)ということで有名だが,もっとも特徴的だったのは,木下家の3兄弟で並んで異なるジャンルの飲食店を50年以上にわたって営んできたことだ。長男が路地の入り口の洋食屋「キッチングラン」,次男が奥の和食店「近江や」,そして三男がまんなかの「さぶちゃん」。「キッチングラン」は今は2代目がやっているが,「さぶちゃん」は後継者がなく,高齢(いくつかの情報によると79歳ぐらい)と体調不良のため閉店することにしたらしい。
 私は長年神保町近辺にいたが,「さぶちゃん」に入ったのは,80年代と00年代,各1回だけだった。ああいう食事はもっと若いうちでないと,おいしくは食べられない。

 9月半ばに開店した「海老丸」(看板の表記は「海老○」)に行ってみた。白山通りを水道橋に向かって半分ほど行った左側,もとサッポロラーメン「エイト」の場所である。
 スープはオマール海老(と味噌)の濃厚なヴィスクで,豚・牛・鶏などの動物系をまったく使っていないという。注文したクリーム海老ラーメン(850円)が出てきたとき,丼の大きさに少々たじろいだが,中身はそうやたらに多いわけではなく,多くの人はハーフサイズのご飯もの(レタスチャーハン,リゾットなど)といっしょに食べていた。いわば,フレンチ・半チャンラーメンか。

 老舗の「揚子江菜館」(すずらん通り)で,「乾隆肉麺」(特別価格 1030円)という看板が出ていた。清の乾隆帝が愛でたものだという。頼んでみたら,豚の三枚肉を唐揚げにしたようなものが乗った麺で,おいしかったけれど,ほかに何も入ってないのでいささか単調だった。東坡肉のように青菜でもついているといいのだが――あそうか,満州出身の清朝は青菜には興味がないのか。

 カレー店「ヤミツキ」(白山通り水道橋方向へ6割ぐらい行った右側)の「辛さインフォーメーション」は,個人差についての表現がちょっとおもしろい:
 ・スタンダード  微辛(個人差はありますが,辛いもの苦手な人でもOK)
 ・辛口  一般的な辛さです(個人差はありますが一般的です。)
 ・倍辛  辛党さんいらっしゃーい(あくまでも個人差はあります。)
 ・大辛  爆撃[爆弾マーク](個人差はありません。辛いです。)
 ・激辛  悶絶・・・[髑髏マーク](個人差はありません。)
          (「食べログ」に写真あり)


|

« 銀行の合併 | Main | 学生時代 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/66081508

Listed below are links to weblogs that reference 神保町ニュース 2017晩秋――半チャンラーメン新旧,乾隆帝,個人差:

« 銀行の合併 | Main | 学生時代 »