« November 2017 | Main | January 2018 »

December 2017

Dec 24, 2017

今秋以降に読んだ本の中から

 まず,飯間浩明『小説の言葉尻をとらえてみた』(光文社新書)では,国語辞典編纂者が,現代日本語の用例を求めて小説の中の世界に入っていく。対象になるのは,1960年以降生まれの作者による,2004年以降に発表された小説15編。
 新語やいかにも若者言葉といったものも出てくるが,それよりも「さっきの今」「売るほどある」「見物しいの,拝みいの」といったフレーズや「刹那」の副詞用法(単独で「その刹那に」の意味で使う)など,人の目で見ないと採集が難しそうなものがおもしろい。新しい言葉とされるが実は昔からある言い方だったり,方言の断片だったり,その姿は多彩である。先日書いた「綺羅星」のことも出てきた(→参照)。

 読売日本交響楽団編『オーケストラ解体新書』(中央公論新社)は,プロのオーケストラの活動はどのようにして進められていくのかを,事務局が中心になってまとめたもの。指揮者や楽団員の発言はいろいろな形で伝わってくるが,事務局,特に制作部,ライブラリアン,ステージマネージャー,楽器運搬など,裏方のプロ集団の仕事がこれだけまとめて紹介されたのは希有のことだ。

 もうひとつ読売がらみで,読売新聞文化部『唱歌・童謡ものがたり』(岩波現代文庫)は,90年代に読売新聞に連載されたものが,1999年になぜか岩波書店から単行本で出たのが元版である。2013年に岩波現代文庫になってからも版を重ねているロングセラー。
 連載は大部分20年以上前なので,取材を受けている人々(おもに作詞者・作曲者)には今は故人となっているであろう人も多く,貴重な証言ばかりである。それぞれの歌に物語があり,それぞれ目頭が熱くなる。先日書いた「真白き富士の根」もとりあげられている(→参照)。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 少し前にNHKのTVで,阿久悠を回顧するコンサートに岩崎宏美が出て「思秋期」を歌っていた。だいぶ顔がふっくらして,かわいいおばさまになっていた。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Dec 15, 2017

運転免許証と目的外使用

 11月某日,誕生日を前に運転免許証の更新をした。有効期限は「平成35年1月」となっているが,2019年5月に改元が行われるので,「△△5年1月」と読み替えることになる。
 今回は期間が5年間延長されたが,次回は70歳を超えるので3年間になり,更新には認知症のテストも必要になる。次回も無事に延長できるかどうか。車を運転すること自体はそう面倒だと思わないし,楽しいことも多いが,でも運転しないで酒を飲んでもよければその方がいいというのが正直なところだ。

 運転免許証は,本来,公道上で車を運転する能力があることを証するものに過ぎないものなのに,運転とは関係なく,顔写真付きの公的な身分証明書として「本人確認」のために使われることが多い。本来の用途以外の場面に出しゃばっているわけだ。
 それで少し大勢に逆らって(しかし体制に取り込まれて),場合によってはマイナンバーカードを使うようにしている。

 しかし,いまもっとも「目的外使用」が甚だしいのは携帯電話だ。もちろん,通話という本来の目的が忘れられているということはないが,電話以外に使う時間の方が圧倒的に長いのは,むしろ普通のことだろう。最初に Docomo が iMode を始めたときには予想もできなかった。(→参照「雑誌と通勤電車」)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 08, 2017

新国立劇場20周年のシーズン

 新国立劇場が今年10月で開場20周年を迎え,記念のシーズンが進行中である。大ホールでは,開演前および休憩時に,3階左右の客席のいちばん舞台寄りのバルコニーに「新国立劇場 20th Anniversary」のロゴが投影されている。オペラはこれまでに『神々の黄昏』『椿姫』『ばらの騎士』が上演された。
 10月の『神々の黄昏』は,飯森泰次郎/ゲッツ・フリードリヒによるヘルシンキとの提携による「リング」(ニーベルングの指輪)の完結編。最初の『ラインの黄金』は2015年10月,次の『ワルキューレ』は2016年10月で,間が1年あいたが,その次の『ジークフリート』は2017年6月で間は8か月,最後の『神々の黄昏』はそれから4か月で,2年で完結の日を迎えた。私が最初に見た「リング」は同じゲッツ・フリードリヒ演出のベルリン・ドイツオペラ来日公演(1987年)だったから,30年ぶり2回目のフリードリヒ演出となった。
 前の「リング」は,今は細部はほとんど覚えていないが,なにしろ初めてだから衝撃は大きかった。『神々の黄昏』は4部作の最後で,奏でられるモティーフはすべて既知のものなのに,それによって編まれるドラマの高揚は比類がなく,特に「リング」の中で唯一合唱が登場する第2幕は恐ろしいほどの迫力があった。今回も,暗い照明の中でギービヒ家の軍勢が槍を立てて集合し,その迫力のドラマが再現された。
 11月末からの『椿姫』は2年半前のプレミエ以来2回目。舞台は青が基調で,全体に暗く,パーティーの場面などにも華やかさは乏しい。歌はかなりの水準。
 12月の『ばらの騎士』は2007年6月プレミエ以来4回目のジョナサン・ミラー演出。このうち2回目は2011年4月で,震災後初めてのオペラ上演だった。『椿姫』と対照的に外から光がふりそそぐ明るい舞台で(もちろん第3幕は別),指揮・オーケストラは精妙。歌手はすべて良く,特にゾフィーは透明でしかも味があるすばらしい声だった。(おばさん顔なのがちょっと…。)

 今日12月8日は実は私の誕生日なのだが,一般的にはまずは真珠湾攻撃の日(1941)(ただし米国時間では7日)だろう。次いでジョン・レノン殺害の日(1980),その間に力道山が刺されるという事件(1963)(1週間後に死亡)もあり,あまりいい日ではない。この日生まれたのは,シベリウス,マルティヌー,カミーユ・クローデルなど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 01, 2017

学生時代

 昔は有名だった英語の例文:
(1) My mother is my mother.
(2) Today is Sunday.
   (答えは末尾参照)

 昔,大学のクラスに,ある程度は意図的だと思うのだが,いつもすり切れたような服を着ている女子学生がいた。わざと古そうに見せるジーンズなどなかった時代の話である。で,ついたあだ名は「Bolacyさん」(<ミスボラシイ)。

 昔,学生のオーケストラのメンバーにハザマ君という人がいた。で,当然通称は「オケハザマ」。

 先日聞いた名言:
車で道路を暴走するのが18歳,逆走するのが80歳
自分探しをしているのが18歳,皆が自分を探しているのが80歳

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   上の英語の例文の訳:
    (1) 私の母はわがママです。
    (2) 東大は駿台である。(当時,東大合格者をもっとも
      多く送り出していたのは駿台予備校だった。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2017 | Main | January 2018 »