« February 2018 | Main | April 2018 »

March 2018

Mar 28, 2018

証人喚問 1976

 1976年夏のこと,社員旅行で泊まったホテルの一室で,同僚のS氏に対する「証人喚問」が行われた。「Sさん,あなたが○○営業所の△△さん(女性)と××駅付近を歩いているところを複数の社員が目撃していますが,どこへ行ったのですか」「△△さんと初めて親しく話をしたのはどういう状況でしたか」「○○へは仕事以外で何回行きましたか」といった具合である。
 これに対してS氏は「記憶にございません」を連発したが,その1か月後に,S氏が遠距離恋愛(という言い方は当時はなかったが)を実らせて△△さんと婚約というニュースが社内に流れた。
 国会での証人喚問というものが初めて一般に知られるようになったのは,1976年,ロッキード事件に関して,小佐野賢治氏(国際興業社主)らに対する喚問が行われたときだった。テレビ中継も行われ,なにかというと「記憶にございません」というのが決まり文句になった。

 30年がかりで続いていた小田急の代々木上原―向ヶ丘遊園の複々線化が完成して3月3日に開通し,17日から新しいダイヤになった。駅の地下化は2013年に完成していたが(→参照),ようやく線路が開通したわけである。
 下北沢駅の様子を見に行ったのは20日。ここは小田急と井の頭線線路が斜めに交差し,その間の駅前の道が複雑で,すぐに方向がわからなくなる。駅舎とその周辺の工事はまだ続いていて,近く南口が廃止されるという掲示が出ていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 24, 2018

深川めしと森下の蕎麦/30年前

 3月某日,深川で昼過ぎに用事が終わったので,深川めしでも食べようかと思い立った。しかし,昼食の看板を出している店を何軒かのぞいてみたが,いずれも2000円近い値段である。もちろん,それにふさわしい内容はあるのだろうが,元来庶民的なぶっかけご飯とはだいぶ違う。
 それで,天気が良かったのでぶらぶらと森下まで一駅歩いて,久しぶりに蕎麦の名店「京金」を目指した。で,行ってみると,店の名が「十七」に変わっていた。なにしろ12年ぶりの訪問。内部は少し改装されていたが,店の構えと雰囲気は昔とほぼ同じだった。あとで見たネット上の情報では,店主が引退し,弟子が店を継いだらしい。
 酒少しとつまみをとったので深川めしよりは高くなったが,質も量も立派で,ちゃんとした蕎麦屋としては高くない。

 今日3月24日は,「上海列車事故」から30年の日である。
 私は中国(大陸)へ1回だけ行ったことがあるが,その出発がこの事故の直後で,事故の9日後に上海郊外の現場を通ったのである。
 日が傾いてきたころ,上海まであと少しのところで,私たちのツアー一行の乗った列車は少し徐行した。見ると,線路のそばの畑の中に,客車がごろんと転がっていた。電化区間ではなく,線路には大きな損傷はなかったようで,線路上の車両をどければ列車は運行できたということのようだ。
 到着した上海のホテルには,事故に遭った高知学芸高校の関係者の家族が大勢宿泊していた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 15, 2018

神保町フォトだより 2018年3月

     (写真をクリックすると大きい写真が出ます)

◇街角でコーヒーを無料配布
 神保町2丁目北側,白山通りの2本裏の道にて
Ajmb01_2
 
 
 
 
 
◇飲食店の励ましの看板
 こちらは靖国通りから神田餃子屋の小道に入った右側
Ajmb02
 
 
 
 
 
◇「いもや」が3月末閉店
 白山通りを北へ向かって左側,キッチングラン(木下3兄弟の店のひとつ)の手前の角の天丼「いもや」が3月末に閉店するとのこと。
Ajmb03
 
 
 
 
 
◇ビルの2階に寺が
 そのキッチングランの建物の2階に寺が入居しているらしく,「みんなのお寺」という看板が出ている。看板には「ご本尊 大日如来」というスローガンと,「古都奈良・十輪院仏教相談センター」という説明が書いてある。
Ajmb04
 
 
 
 
 
 
 
◇路上の記号
 その向かいの歩道に,白ペンキで丁寧に描かれた図面
Ajmb05
 
 
 
◇おまけ: これは神保町ではありませんが
 公正な取引をすると値上げになるらしい。
Ajmb10
 
 
 
 
 
◆追記 本ブログは,昨日(3月14日),開設14周年を迎えました。お読みいただいている方々にあらためてお礼を申しあげます。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Mar 07, 2018

パーヴォ・ヤルヴィ&N響『ウエスト・サイド・ストーリー』

 3月6日,パーヴォ・ヤルヴィ&N響『ウエスト・サイド・ストーリー』(演奏会形式)に出かけた(Bunkamura オーチャードホール)。平日なのに3時開演なのが謎。当日夜,ホールがふさがっているというわけでもない。パーヴォがその夜の飛行機に乗らないと,というようなこと?
 主要歌手7人は米語話者(たぶん)を招き,日本人は6人,あと東京オペラシンガーズの男声が10人,新国立劇場合唱団の女声が8人が参加した。アニタ役は Bottoms という不思議な姓。さんざんからかわれてきたに違いない。
 全員暗譜で,出入りあり。それらしい衣装で,最小限の演技あり。「シンフォニー・コンサート版」と表示されているのは,どうやら台詞をかなりカットしたということらしい。正味は95分。
 で,結果は快演。特に金管はけっこう弾けていた。金管奏者はみなかつて吹奏楽でジャズをやっていただろうから,故郷に帰ったような気がしたのでは。一方で,ピアニッシモの精妙な部分もたくさんあるのが並のミュージカルと違うところで,特に最後は,美しい祈りの音楽だった。

 演奏会形式のいいところはオケがよく見えること。編成は,どの程度バーンスタインの意図によるのかはわからないが,なかなかおもしろかったので下に記しておく。
[木管前列]フルート3(ピッコロ1―以下かっこ内は持ち替えの楽器と人数),オーボエ1(イングリッシュ・ホルン1),ファゴット1
[木管後列]クラリネット3(バスクラ3(!)),サックス3(ソプラノ,アルト,テナー,バリトン,バス(!)の5種を分担,1人はクラにも持ち替え)
[金管]ホルン2,トランペット3,トロンボーン2
[打楽器・キーボード]ティンパニと他の打楽器が6人,別にドラム(セット)1人,キーボード1人
[弦]第1・第2ヴァイオリン,ヴィオラが3プルトずつぐらい(人数よく見えず),チェロが多くて4プルト,コンバス2プルト
 バス・クラリネットが3本も置いてあってなぜだろうと思ったら,第2部の真ん中あたりで確かに3重奏があった。オーボエは茂木さんで,Tonight では珍しい首席奏者のイングリッシュ・ホルンが聞けた。

[追記] 私のちょっとした自慢は,ミュージカル初演のわずか7年後に,中学の吹奏楽で「『ウエスト・サイド・ストーリー』ハイライト」を演奏したこと(→参照)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2018 | Main | April 2018 »