« April 2018 | Main

May 2018

May 23, 2018

野球短信――月曜朝/特別補佐/出来高払い

 エンゼルス(エインジェルズと書くべきところだが)の大谷翔平は中6日で先発というサイクルが定着し,登板は毎週日曜日の午後。日本では月曜の朝なので,大谷と共に1週間が始まる。
 スマホのアプリ「プロ野球速報」では,今シーズンから大リーグの1試合が毎日表示されるようになった。アプリが指定するその1試合はほとんどエンゼルス戦で,国内の試合と同様に,1球ずつテキストで生中継される。
 エンゼルスの試合の開始時刻はなぜかいつも07分からになっている。21日は 13:07(日本時間 5:07)開始だった。

 5月4日,マリナーズのイチローが球団の「特別補佐(a special assistant advisor with the Mariners)」に就任し,今シーズンは選手として出場しないことが発表された。異例の待遇でよく分からない点もあるが,①実質的に現役引退(マリナーズの来年のシーズンは東京で開幕するのでそこに出る可能性を残した),②功績に鑑みて名誉ある地位を提供した(他チームには行かない),ということのようだ。

 5月20日,「中日の松坂」が2勝目をあげた。投手の勝数というのは本人の投球の出来以外の要素によるところがずっと大きいので大騒ぎする価値はないと思うが,この日の松坂は6回投げて被安打3,三振7,無四球(死球1)で失点1という立派な内容で,自分で2安打打つというおまけもついた。
 今年の松坂はテストを経ての入団で,年俸は1500万だという。球団としては,キャンプで話題になったことで,オープン戦前にモトは十分とったことだろう。もちろん契約には出来高払いの条項もあるはず。

 来週29日から,交流戦が始まる。

~~~~~~~~~~~~~~~~
 神保町1丁目北側,ランチョンの並びにある「きたかた食堂」が改装のため休業し,新中華そば,肉そばの店が5月18日オープンするいう予告が出ていた。しかし,翌週通りかかったところ,「スープ,麺,かえしのバランスの最終調整をしています。完璧になってからオープン致しますので,今しばらくお待ちください。」という貼り紙が出ていて,23日現在,休業が続いている。
 この店は,ラーメンとまぐろ丼という組み合わせの店で,いちばん人気は「醤油ラーメンとトロたくちらし」だった。私は,はらみステーキ丼(途中からお茶漬けにする)が好みだった。ラーメンだけの店になってしまうとしたらつまらない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2018

名古屋より/月曜定休 謝罪看板

 先日,2日間にわたって開かれた行事のために,名古屋に宿泊した。考えてみたら,それ以前に名古屋に泊まったことはわずか2回しかない。
 だいぶ前に,ある企業の名古屋の支社に勤務する人が,「各地の人が出席する会議というとたいてい東京か大阪なんで,名古屋の社員は必ずどっちかに行くことになるんです。しかも遅くなっても帰れちゃうんで,必ず日帰り。下手するとそれが月に何回もあるんですよ。」というような話をしていた。
 私の場合も,長い会社勤めの間,京都・大阪・神戸へは計100泊以上泊まったが,名古屋には1泊しかしていない。その1泊も,名古屋に用事があったわけではなく,名古屋に朝集合して他の場所に行くためだった。ほかに,仕事でない宿泊が1回あったので,今回は3回目ということになる。

 名鉄で名鉄名古屋から豊橋方向に1駅の山王駅のホームで10分ほど待ち時間があった。目の前に東海道線の複々線と新幹線の線路があり,名鉄自身の線路とあわせて4本の複線を,ほとんど1分も間があくことなくひっきりなしに電車が通過していくのは壮観だった。
 次の金山で乗り換えた名鉄の特急では,貫通ドアの上にスピード表示があり,見ていた限りでは最高は 119km/h だった。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 5月14日の昼過ぎのこと,神保町のすずらん通りの老舗てんぷら店「はちまき」が閉まっていたのでどうしたのかと思ったら,5月から月曜定休とするという貼り紙が出ていた。そういえば定休日を意識したことはなかったが,今までは年中無休で営業していたようだ。
 「はちまき」の亭主は今は3代目だが,私が昼食に行くようになったのは2代目の時代だった。この2代目,少なくともランチの時間はいつも無愛想で,安いランチ天丼の客には露骨に不機嫌な顔をした。そんなにいやなら,安い天丼なんか出さなきゃいいのにと思った。
 しかも,店で働いている奥さんを,ご飯を出すのが遅いとかなんとか鋭く叱ることがよくあった。奥さんの方は慣れていて柳に風,あわてず騒がず,特にもたもたすることもなく仕事をこなしていくのだが,そばで聞かされる方は愉快でない。その後揚げ物をあまり食べないようにしたこともあって,足が遠のいていた時期もあった。
 90年代ぐらいだったと思うが,「忌中」の貼り紙が出て店が休みになったことがあった。おお,あのオヤジやっと…と思ったら,亡くなったのは初代のおかみさんだった。

 ランチはやっていないが,神保町1丁目,靖国通りの元スタバの左の小道を抜けた向かいに,「どかん焼き」という店ができた。謝罪3項目の看板が出ていて,そのひとつ「魚のメニューがなくてゴメンなさい」というのは,謝りながらも,向かいの「魚百」との対照を強調している。
                            (click to enlarge→) 
Aadsc_0170
Aadsc_0172
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2018

あと1年

 4月30日,平成という年号は「あと1年」となった。
 大正,昭和,平成の始まりは,いずれも天皇の崩御の翌日だった。各代とも新しい天皇が即位すると,その次の年号の選考はすぐ始まっていたはずだが,なにしろ崩御が前提の話なので,おおっぴらの議論などない。「平成の次」についても前から準備が進んでいたはずで,今回は生前退位が決まって違う要素が加わったということだろう。当然,来年4月末より前に万一のことがあったときの手筈も決まっているに違いない。
 今回,最初は新年号は早めに(当時の想定では半年前ぐらいに)発表すると言っていたのに,最近は来年2月発表が有力だという。私自身は自分からすすんで和暦を使うことはないが,年度末にそのとき限りの作業が生じるのは全体として大きな損失になる。早くしてなにもまずいことはないと思うのだが,何をもったいぶっているのだろう。さらに言えば,本当は元日改元がいちばんすっきり便利だったのに。

 1988年秋,テレビのニュースではほぼ毎日,天皇の病状を報じていた。当時5歳だったうちの息子も,テレビに見立てた段ボールの枠から顔を出して「テンノウヘーカのヨーダイは…」などと言っていた。
 1989年1月,わが家は信州某所で3泊し,1月7日の昼前に車で帰京の途についた。宿泊施設の客室や食堂にテレビはなく,ケータイもない時代で,ニュースはまったく知らないままだった。出発してまもなく,早めの昼食にしようと寄った食堂でふとテレビを見上げると,なにやら黒いスーツに黒いネクタイの人が次々に登場する。福田元首相もいた。店の人に「もしかして…?」と聞くと「そうなんです,今朝」という簡潔な返事が返ってきた。
 その後はずっとラジオをつけて走った。午後,中央高速で,あの「平成おじさん」小淵官房長官が次の年号が発表するのを聞いた。ラジオだから,すぐに文字の説明が入ったのだと思う。昭和64年は7日間で終わった。
    [追記: 日付の誤りを2018/5/17訂正]
【連休短信】
◆4/29 ヴィオラ奏者の友人が主宰する室内楽の演奏会へ。大部分ハープ入りのフランスもの。――ハープって,譜めくりが必要なんですね。
◆4/30 自オケの本番。ホールの響きに助けられた。某居酒屋での知り合いが3人来場。
◆5/2 「クラフトビール新酒解禁祭り2018」へ。体育館のような場所に屋台が40軒。
◆5/5 「ラ・フォル・ジュルネ TOKYO2018」の一環として池袋西口公園で開かれた無料のコンサートへ。女性ばかりのサックス3重奏(Sop,Sop,Ten)でモーツァルトを聴く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2018 | Main