« 高校野球における詐称と極大項/内弁慶 | Main | サヨナラ・2ランスクイズ »

Aug 14, 2018

タイは破られた――8.12の記録

 8月12日(日)は夏の大スポーツデーだった。
 まずは高校野球第100回大会の星陵(石川)―済美(愛媛)戦。済美が 1-7 から8点入れて逆転しただけでもすごいドラマだが,星陵も9回表に2点入れて9-9。延長10回,11回は両チーム無得点で,13回からは今大会2試合めのタイブレーク(無死1,2塁から始める)に突入した。13回表に星陵が2点を入れ,これで決まりかと思ったら,その裏の済美は逆転サヨナラ満塁ホームラン。まさに漫画のような結末となった。
 タイブレークは今年から高校野球に導入されたが,春のセンバツでは実施はなく,今大会では2回目のタイブレーク突入だった。今大会の初めてのタイブレークは,6日の佐久長聖(長野)―旭川大高(北北海道)戦で,13回は両軍無得点,14回表に佐久が1点入れ,裏をゼロに抑えて決着した。なるほど,タイブレークだからといってすぐ点が入るとは限らないわけだと思った。
 今大会の地方予選では35試合で実施されたという。全3700余の試合の中の1%弱ということになる。これに対し,甲子園では12日までの30試合の中で2試合実施だから,かなりの実施率ともいえる。
 タイブレークの導入については異論も多かった。しかし,済美の山口投手は前の試合も完投し,この試合では184球も投げている。もしタイブレークなしでこのまま投げ,引分け再試合でまた投げてということになっていたら,などという恐ろしい事態を考えれば,導入の意味は明らかだ。
 なお,タイブレークでの満塁ホームランは,当然のことながら,打者の打点は4,投手の自責点は2とカウントされる。

 同じ12日,ソフトボール世界選手権でも,決勝で「タイブレーカー」があり,日本は米国にサヨナラ負けをした。上野由岐子投手は1日で2試合を中3時間半で完投した。昔国鉄スワローズでダブルヘッダーの両試合にしばしば投げたカネやん(金田正一)を思い出す。
 ソフトボールでは名称はタイブレーカー。テニスなども含め,英語では -er あり・なし両方が使われるようだが,英語の制度名としては tie breaker の方がしっくりするような気がする。
 ソフトボールでは1987年から採用されているというから,野球にとっては大先輩になる。ソフトでは通常の7回まで終わって同点の場合,8回からは無死2塁(ランナーは直前の打者)で始める。

 この日ほかにも,ヤクルトの石川雅規が7回までパーフェクト,巨人がマツダスタジアムで1年ぶりの勝利,パンパシフィック選手権水泳で大橋悠依200mと400m個人メドレーで金メダル,本田圭佑がカンボジアの事実上の代表監督就任など,山のようにスポーツニュースがあった。
 それなのに,翌13日は新聞休刊日。火曜のスポーツ紙で日曜のニュースを見るか。

◆追記
 14日(火)のスポニチでは,「12日のスポーツ」という1ページに,高校野球もプロ野球も水泳も押し込まれていた。

|

« 高校野球における詐称と極大項/内弁慶 | Main | サヨナラ・2ランスクイズ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/67054583

Listed below are links to weblogs that reference タイは破られた――8.12の記録:

« 高校野球における詐称と極大項/内弁慶 | Main | サヨナラ・2ランスクイズ »