« タイは破られた――8.12の記録 | Main | 金足農業 準優勝の輝き »

Aug 19, 2018

サヨナラ・2ランスクイズ

 高校野球第100回大会で,地元・南神奈川の横浜高校は,3回戦で秋田の金足農業(ユニフォームでの表記はKANANO)に敗れてしまい,こうなったらその金足農にがんばってもらおうと思った。で,8月18日(土)夕方,帰宅してテレビをつけたら準々決勝の近江―金足農戦が終盤を迎え,2―1で近江がリードしていた。
 そのまま迎えた9回裏,金足農は四球をきっかけに無死満塁とし,バッターはこれまで無安打の9番打者。これが絶妙のスクイズを決め,おお同点と思ったら,前進してバントの打球を捕った3塁手が1塁に送球している間に2塁ランナーがホームに突入,1塁からの返球はわずかに間に合わず,2点目が入って逆転サヨナラ。なるほど2ランスクイズというのがありうるのか。生放送で見るのは初めてだった(と思う)。
 大会で予想以上の活躍を見せるチームは,大会の試合を経験することによって大会中にも強くなっている。アマチュアの演奏家の多くが認めている「いちばん練習になるのは(演奏会)本番だ」という法則は,ここでも当てはまる。

 南関東は,17日・18日は湿度が低く爽やか。特に18日は久しぶりに最高気温が27度だった。桜も梅雨明けもやたらと早かった今年だが,秋の訪れも早いのかどうか。

|

« タイは破られた――8.12の記録 | Main | 金足農業 準優勝の輝き »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/67072571

Listed below are links to weblogs that reference サヨナラ・2ランスクイズ:

« タイは破られた――8.12の記録 | Main | 金足農業 準優勝の輝き »