« ラッキョウの地位 | Main | N響のシベリウス「クレルヴォ」 »

Sep 20, 2018

西日本豪雨 鉄道の復旧 9/20版

 西日本7月豪雨で不通になったJR線の復旧は着実に進んできた。いくつかの資料によって,9月20日現在の状況をまとめておく。

 まず,JR四国。予讃線の卯之町~宇和島が9月13日に開通し,これでJR四国の鉄道はすべて復旧した。

 もっとも大きな被害を受けたJR西日本では,山陽線の柳井~下松,八本松~瀬野が9月9日に開通した。残っている三原~白市も9月30日開通の予定で,これで大幹線が甦る。岩徳線も9月22日に周防高森~徳山が開通して,全線復旧となる。
 呉線は9月9日に呉~坂が開通し,これで西半分の広から呉・海田市(かいたいち)を経て広島までがつながった。安芸川尻~広が10月,安浦~安芸川尻が11月中,残る三原~安浦は1月開通の予定。
 福塩線は,吉舎(きさ)~塩町で10月4日から,上下~吉舎で10月18日から「部分運転を実施」するという。部分運転というのは耳慣れない用語だが,区間は明示されているので,本数を減らして一部の列車を運転するという意味だろうか。残る府中~上下は「2019年1月~3月中」の予定。
 被害がもっとも大きかったのは芸備線。10月4日から備後庄原~三次で同じく「部分運転」を実施,備後落合~備後庄原は来年1月~3月中開通とされている。しかし残る三次~狩留家(かるが)は,鉄橋の流出などもあり,再開には「少なくとも1年以上」かかるという。7月末には備後落合~狩留家間はまとめて「運転再開まで長期間」となっていたので,これでも区間ごとに見通しが少しはっきりしたことになる。

 JR東海の高山線は,富山寄りの坂上~猪谷が不通で,開通は11月下旬を見込んでいるとのこと。特急「ワイドビューひだ」は飛騨古川止まりになっている。

 次はJR九州。原田線の桂川(けいせん)~原田(はるだ)が「運転再開には期間を要する見込みです」という状態が続いている。JR九州では,このほかに,豊肥本線肥後大津~阿蘇が2016年の熊本地震により,日田彦山線添田~夜明が2017年の九州北部豪雨による被害を受けて,同じく運転再開の予定が立っていない。異なる天災による被害が3年にわたって累積してしまった。
 このほか,九州では,平成筑豊鉄道田川線の崎山~田川伊田が不通になっていて,開通は10月中が目標となっている。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 昔,眼鏡屋の人に聞いた話――眼鏡のレンズをシリコン布やティッシュペーパーなどで拭く人が多いが,汚れにはときどき硬い成分があり,それをこすりつけてレンズに傷をつける結果になることがある。眼鏡は,じゃぶじゃぶ水洗いするのがいちばんよい。
 でも,眼鏡のレンズって,手で触るわけではないのに,なんでしょっちゅう汚れるんですかね。

|

« ラッキョウの地位 | Main | N響のシベリウス「クレルヴォ」 »

Comments

吉舎ですか。懐かしい駅名です。隣家の里があって誘われて泊り込みの松茸狩に行きました。就学前のことですが。

Posted by: P.O. | Sep 21, 2018 at 08:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/67188672

Listed below are links to weblogs that reference 西日本豪雨 鉄道の復旧 9/20版:

« ラッキョウの地位 | Main | N響のシベリウス「クレルヴォ」 »