« 台風21号と北海道胆振東部地震 | Main | 西日本豪雨 鉄道の復旧 9/20版 »

Sep 19, 2018

ラッキョウの地位

 日本的なカレーの付け合わせとして,不動の定番の地位にあるのは福神漬けである。福神漬けにはとてもかなわないがそれに次ぐ存在は,ラッキョウの甘酢漬けだと思う。店により,大きさも甘さ・酸っぱさも微妙に違うのがおもしろい。しばしば,大きめのラッキョウを挟むのが難しい小さなトングがついていて,せめて5つは取ってやるぞと意地を張ってみたりする。
 ところが,自由に取れる付け合わせのラインナップからラッキョウをはずすカレー店が,ここ10年ほど,多くなったような気がする。若者の間で人気が落ちたのか,あるいは経費が上がったのか。有料のオプションにした店もある。有料だと,店としてはさすがにあまり少量にするわけにもいかないから,ある程度以上の量があって,愛好者としてはこれはこれでありがたい。
 7月にちょっと紹介した神保町の「いずみカリー」(住所は西神田 →参照)でもラッキョウは有料である。あるときこの店で,入り口脇の立て看板に「ラッキョウ50円」と書いてあるのに,店内の食券自販機では80円になっているのに気づいたので,「看板に偽りあり」というのはまずいと店員さんに言っておいた。最近通りかかったら,前の看板は見当たらず,代わりに神田カレーグランプリの看板が出ていた。カレーグランプリが終わった後,元と同じにならなければいいが。

 8場所休場明けで出場した横綱・稀勢の里は,10日目に勝ち越しを決めた。横綱だから勝ち越しなど当たり前過ぎて気にするようなことではないはずだが,中継の画面からはほっとしたような雰囲気が伝わってきた。
 今場所,横綱白鵬,鶴竜,稀勢の里の3人が5日目までそろって白星を重ねた。これは1989年3月場所以来だという。つまり,平成の初めと終わりに起きた出来事ということになる。29年半前の横綱は千代の富士,北勝海,大乃国で,11日目まで3人全勝だったとのこと。
 先場所優勝の御嶽海は10日目までで4敗,大関取りは苦しくなった。栃ノ心も4敗で,カド番脱出への戦いが続く。

 関西空港連絡橋は,鉄道が予定より早く,18日に復旧した。めでたい。
 しかし道路については,18日の報道では,橋桁2本を建造してかけ直すため,完全復旧は来年の大型連休前になるという。

|

« 台風21号と北海道胆振東部地震 | Main | 西日本豪雨 鉄道の復旧 9/20版 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/67185189

Listed below are links to weblogs that reference ラッキョウの地位:

« 台風21号と北海道胆振東部地震 | Main | 西日本豪雨 鉄道の復旧 9/20版 »