« 早稲田「三朝庵」「いもや」の閉店/親愛なるユーザー | Main | 北海道新幹線にようやく初乗車 »

Oct 18, 2018

最後の公演が日本

 シャルル・アズナブールが10月1日に死去したと聞いて,来日公演のニュースを見たばかりだったので驚いた。享年94歳。そのわずか12日前,9月19日の大阪公演が生涯最後のステージになった。
 それで思い出したのは,マリア・カラスのこと。1974年12月11日の札幌での公演(ピアノ伴奏)が,最後の公演となった。当時51歳。ただし,カラスの場合は亡くなったのは2年半以上後の1977年9月だった。
 そうか,この2人は同じくらいの世代だなと気づいてデータを見たら,カラスは1923年12月,アズナブールは1924年5月の生まれで,誕生の日は半年ほどしか違わないのだった。なお,イヴ・モンタンは少し上で1921年,エディット・ピアフはさらにその6年上で1915年生まれである。

 偶数月の15日は年金の支給日である。今回は今週の月曜日で,客の平均年齢の高い某居酒屋は,いつもにも増してにぎやかだった。豊洲の魚が入荷し,早くも鍋物が始まっていた。
 飲み屋でなくても「15日」は意識されていて,「ぱぱす」の老人サービスデーは毎月15~17日だし,某中堅チェーンのスーパーでは15日をシルバーお宝デーとしている。

|

« 早稲田「三朝庵」「いもや」の閉店/親愛なるユーザー | Main | 北海道新幹線にようやく初乗車 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/67287344

Listed below are links to weblogs that reference 最後の公演が日本:

« 早稲田「三朝庵」「いもや」の閉店/親愛なるユーザー | Main | 北海道新幹線にようやく初乗車 »