« October 2018 | Main | December 2018 »

November 2018

Nov 29, 2018

フェルメール展――8点結集の奇跡

 某平日,「フェルメール展」へ出かけた。今回は,初来日2点(会期後半に入れ替わりでもう1点来る)を含め,フェルメールの現存作品35点のうちなんと8点(入れ替わりがあるので延べ9点)も同時にやってくるという,空前絶後,史上最強の展示である。
 しかし実際には,展示内容以外に,いろいろユニークな点がある展覧会だった。
 まず,会場が西郷さんにほど近い上野の森美術館であること。このところ東京都美術館が多くて,上野の森は15年ぶりだった。
 次に,チケットが日時指定入場制であること。1日に6つの時間枠(1枠が1時間半,朝と夜は1時間)が設けられ,その枠の時間内に入場する。指定されているのは入場の時間枠であって,その枠内ならいつ入場してもいいし,入ってしまえば中で長居をしてもよい。ウェブサイトには「各時間枠の入場開始直後は入場待ち列ができます。時間枠内後半でのご来場をおすすめします。」とあったので1時間半のうちの1時間近く過ぎたころに行ったら,列がやはり少しできていて,5分ぐらい並んだ。
 今回の展示でもうひとつ初めての経験だったのは,イヤホンガイドが無料だったこと。並んだ先で何かに時間がかかっていると思ったら,ほぼ全員に器械と片耳イヤホンを渡しているのだった。普通の展覧会の500円以上するイヤホンガイドに比べると正味の時間が20分と短いが,全体の点数が多くないのでこれでもまあよい。
 イヤホンガイドの隣では,ハガキサイズの小冊子に印刷された出品目録が配られた。1ページに1点ずつ,作者,タイトル,制作年,画材,サイズ,所蔵者等のデータ(英語併記),そしてハヅキルーペがなくても読めるようにかなり大きな字で簡単な解説が書いてある。絵の脇の壁に書いてあるのは作者とタイトルのみなので(壁に直接どうやって印刷したのか不思議),他のデータと解説は小冊子を見ることになる。なるほど,絵の近くが混雑しないようにという策略か。

 で,フェルメール御大の8点は青い壁の一室に集まっていた。フェルメールをいちばん多く所蔵しているのはニューヨークのメトロポリタン美術館の5点,次がアムステルダム美術館の4点だから,8点が一室というのは普通はありえない光景である。
 初来日は「赤い帽子の娘」「ワイングラス」の2点。(「赤い帽子の娘」は,会期後半に別の初来日作品「取り持ち女」と入れ替わる。)このうち,「赤い帽子の娘」はフェルメールの最も小さい作品であり,逆に最も大きいのは,共に来日している「マルタとマリアの家のキリスト」だという。
 混雑していたが,「聖堂」は荘厳な雰囲気に満たされていた。
    [この項 →続く

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 21, 2018

神保町だより 2018年11月

 8月に白山通りに面して出版クラブビルが竣工(神保町1-32),10月から本格的に稼働している。テナントは主に出版関係の業界団体で,パーティーができる部屋もあるようだが,飲食店は1階に「鶏 くるり」という店ひとつだけ。
 そこの昼食は「チキンブロススープセット」「から揚げセット」「鶏そばセット」の3種。前2者はご飯が(普通の)白米,雑穀米,今井米(というプレミアム米)から選べるということになっているが,私が行った日は白米しかなかった。で,食べたのは「チキンブロススープセット」1180円。鶏と大きめの野菜が入ったポトフのようなスープがメインディッシュで,良い味だった。量はやや少なめ。
 なお,brothは澄んだスープのことなので,「ブロススープ」は冗語気味。
 Dsc_0453
 
 
           (Click to enlarge)
 久しぶりにすずらん通りへ行ってみたら,白山通りへの出口の南角のビルが壊されて,更地になっていた。昔は「理髪一番」という床屋があって,比較的速くて昼休みでもなんとか行けたので,QBハウスが進出する前はときどき行っていた。
 Dsc_0457
 
 
 
 
 
 その近くの向かい側,揚子江菜館の隣りのコンクリートの建物の「酔っ手羽」は,建物に「24時間営業」と書いてあるが,昼に通ったら閉まっている。扉を見ると貼り紙があり,いわく,「まことにくやしながら しばらくのあいだ 営業時間を17:00~翌5時 と させていただきます」。くやしながら,か。
Dsc_0458
 
 
 完全禁煙の飲み屋として6月に開店した「酔いの月」(→参照)があえなく閉店し,「テナント募集中」の表示が出ている。心の中のエールだけだったのが申しわけない。

 先日書いた錦華通りの「五ノ井」の立て看板に,ある日,店名の説明が書いてあった。
 Dsc_0436
 
 
 
 
 


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 14, 2018

トイレいろいろ

 多数の人が出入りする建物では,トイレの内装は,男子用は水色,女子用はピンクという場合が圧倒的に多い。
 ところが,ある貸し会議室に行ったとき,男子トイレの内部のタイルがピンクなので驚いた。うっかり女子用に入ってしまったかと思って,あわてて外に戻って表示を確認した。その後何度か行ったので戸惑わなくなったが,なんとなく場違いな感じは今も少しある。

 最近,孫を送ってよく保育園へ行く。あるとき保育園でトイレに行きたくなり,保母さんに「大人のトイレはどこですか」と聞いたら,「あそこの子供のトイレの奥です」という返事。行ってみたら,幼児用のオープンなトイレの向こうに確かにブースがあったが,もちろん1つだけだし,普通は保母さんしか使わないから完全に女子用の仕様で,なんとも落ち着かなかった。

 地下鉄の神保町駅は,都営新宿線も東京メトロ半蔵門線もトイレの工事中である。新宿線のはまったく使えないが,半蔵門線は多少面積に余裕があるようで,本来の場所の先に仮設のトイレができている。仮設にしてはまあ立派だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 07, 2018

鉄道の復旧 11月号

 7月の西日本豪雨で被害を受けた鉄道の復旧は,その後かなり進んで,まずJR四国は9月中に全線復旧した(→参照)。
 JR東海では高山線の坂上駅~猪谷駅間が不通だったが,11月21日(水)に復旧の予定となった。飛騨古川駅~富山駅間で運休していた特急「ワイドビューひだ」も全線運転を再開する。
 JR西日本は被害を受けた路線がもっとも長かったが,10月に大動脈の山陽線が全線復旧し,呉線もあと少しとなった。さらに,残りの路線の再開予定もだいぶ早まってきて,同社のウェブサイトによると,現在の見込みは以下のとおり(《 》内は引用者注):
[芸備線]
 12月中:備後落合―備後庄原 《10月時点の予定「2019年1月~3月中」が早まった》
 工事が順調に進捗すれば2019年秋ごろ:三次~狩留家 《これまでの「被災時期から少なくとも1年以上」が「改訂」された》
[福塩線]
 12月中:府中―上下 《10月時点の「2019年1月~3月中」が早まった》
[呉線]
 12月中:三原―安浦 《元の「2019年1月」が早まった》

 これに対し,JR九州については,原田線の桂川―原田間は「運転再開には期間を要する見込み」という表示のままで変化がない。また,2016年の熊本地震で不通となった豊肥本線の肥後大津―阿蘇間,2017年の九州北部豪雨で不通となった日田彦山線の添田―夜明も同じく変化がない。

 JR北海道は,9月の北海道胆振東部地震地震で被害があったが,釧網線の摩周―網走間は開通し,日高線の苫小牧―鵡川間は12月上旬運転再開の見込みとなった。ほかに室蘭線の遠浅―三川間で徐行運転をしていて,これは解除まで「数か月程度の見込み」だとのこと。
 日高線のその先,2015年1月の高波に襲われて不通となっている鵡川―様似の状況には変化がない(バス代行実施中)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2018 | Main | December 2018 »