« 新国立劇場の今シーズン/初冬だより | Main | 頌春 2019 »

Dec 26, 2018

楽しく酒を飲むために

 テレビで酒の飲み方の話が出て,「意外なことに,悪酔い対策にはつまみに油ものを食べるのがいいそうです」と言っている。あれ,最近本で読んだのと同じ内容だなと思ったら,まさにその本が紹介されていた。それは,葉石かおり著『酒好き医師が教える最高の飲み方』(日経BP)。昨年(2017)11月発売だが,私が今年11月に買ったのは11刷で,よく売れているようだ。
 内容は,酒ジャーナリストでもちろん酒好きの著者が25人の医師にインタビューしたもので,酒と体の関係をいろいろな角度から探ったもの。そして,その医師というのが大部分酒好きというのがミソである。専門の異なる多くの医師だから,その見解にはばらつきも少なくない。つまみには何がいいかということでも,上記の油もののほかタンパク質,ビタミンB1を含むもの,緑黄野菜などいろいろ挙げられていて,みな食べているとそれだけで腹が一杯になりそうだ。
 でもまあ大原則は,結局は「適量を飲め」ということになる。その適量がどのぐらいかは,生まれながらのアルコール分解酵素の型を初めとしていろいろな要素があるので,そう簡単には言えないということのようだが,多くの医師が言っているのは1日に「純アルコール量で20グラム」,ということはビール中瓶(500ml)1本,日本酒なら約1合という数字である。(純アルコール量というのは,アルコール度数の0.8倍。すなわち,ビール500mlだと500×5%×0.8で20gとなる。)
 うーん,これはきつい。で,この本の中でちばん緩やかな基準を探すと,p.80に「多少のリスクを受け入れるとしたら(週に)300gを上限とする」という記述があった。これだと,週1日の休肝日を設けるとすれば他の6日は50g,ということはビールだと1250ml,酒なら417mlになり,まあある程度満足できそうだ。というわけで,とりあえずこれを「採用」することにした。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 写真(click to enlarge)は東京をちょっとだけ離れた某所の貼り紙。「塀から離れろ」というが,近寄らないとこの掲示は読めない。
Adsc_0523


|

« 新国立劇場の今シーズン/初冬だより | Main | 頌春 2019 »

Comments

つまみの話は、医者の卵の友人も言っていました。半世紀ほど前のことですが。

Posted by: P.O. | Dec 27, 2018 08:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 楽しく酒を飲むために:

« 新国立劇場の今シーズン/初冬だより | Main | 頌春 2019 »