« 神保町「満留賀」年越さず | Main | 私が聞いたテオ・アダム »

Jan 10, 2019

神保町 冬の便りは順不同

◇錦華通りを北へ200mほど行った右側の小道にある「<和亭>かもん」が12月からランチを始めた。かなり昔からある小料理屋だが,中の様子はわからず,入りにくい店だった。ランチは,海鮮たるたる丼,刺身定食,鯛茶漬け,まぐろ漬け丼が「常任」,日替わりが1種というラインナップ。

◇靖国通り南側,マカラズヤ前の信号のそばの海鮮丼の店「きときと」は,「店内改装のため」10月半ばから1か月半以上休業していた。小規模な店の改装としてはあまり聞かないような長期間だ。
Aadsc_0432Aadsc_0526
     Click to enlarge→
 
 
 
 
 

◇錦華通りを北へ200mほど行った左側に,コーヒー豆の店「青海珈琲」(「チンハイ」ではなく「あおみ」と読む)ができた。豆を焙煎して販売する店だが,「テイスティング」として,機械で淹れたコーヒーを持ち帰れるようになっている。100円のブレンドと200円の上級版の計4種あり,コインを箱に入れて,コンビニのコーヒーのように自分でボタンを押して淹れる。3種類飲んでみたが,200円の方も十分お買い得だった。

◇錦華通りの同じ左側のすぐ先,前は「東京ブッチャーズ」があった場所に,11月20日,「<四川大衆>ハォワール(好玩儿)」が開店した。ランチは麻婆豆腐,汁なし担々麺,麻辣麺の3種。一昨年から担々麺の店が次々とできた錦華通りにまたひとつ担々麺が登場したわけだが,ここはどちらかというと居酒屋に重点を置いているらしい。

◇神保町駅A5出口(交差点の北東側)からすぐの所の新築ビルは,11月ぐらいに完成したはいいがほとんど空き家らしく,全階にわたる「テナント募集」の貼り紙が出ている。

◇都営地下鉄の北側の改札口(新宿線本八幡行きホームからすぐ)の向きが,12月23-24日の連休のころに,西向きから北向きと北西向きに変わった。駅の改修工事の進展に伴うもので,今までの改札口はまったくの仮設だったが,今度のは少ししっかりしているようで,このまま「本番用」にするのかもしれない。

◇靖国通り北側の2017年秋に閉店したスタバがあったビル(マクドナルド隣り)は,ずっと空き家になっていたが,1月になって建て替え予定が掲示された。


|

« 神保町「満留賀」年越さず | Main | 私が聞いたテオ・アダム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 神保町 冬の便りは順不同:

« 神保町「満留賀」年越さず | Main | 私が聞いたテオ・アダム »