« 神保町 冬の便りは順不同 | Main | 今年の年賀はがき »

Jan 19, 2019

私が聞いたテオ・アダム

 バスバリトンのテオ・アダムが1月10日に亡くなったというのを,いくつかの個人のブログで知った(日本の新聞では訃報を見かけなかったように思う)。1926年生まれで,享年92歳。2004年に死去したニコライ・ギャウロフより3歳上だった。
 私の「見たオペラリスト」(→本拠地)のいちばん最初はバイエルン州立歌劇場の1974年の初来日公演だが,そのときの名歌手勢そろい踏みの『ワルキューレ』(→参照)でヴォータンを歌ったのがテオ・アダムだった。当時48歳だったことになる。
 以後,伯爵(フィガロの結婚),ジュリオ・チェーザレ(ヘンデル),ザラストロ,オランダ人,マルケ王,ドン・アルフォンソの計7つの役を,ベルリン国立歌劇場(当時東ベルリン),ウィーン国立歌劇場,バイエルン州立歌劇場の来日公演で見た。すべて30年以上前のことになってしまったが,1986年のマルケ王のときの別格の存在感は印象的だった。
 1988年のバイエルン州立歌劇場公演で,テオ・アダムは『コジ・ファン・トゥッテ』のアルフォンソを歌った。これが結果的に,実演を聞いた最後の公演ということになった。
 このときの『ニュルンベルクのマイスタージンガー』は,当時毎年ミュンヘン音楽祭の最終日を飾っていた超豪華キャストによる祝祭的上演の再現で,ハンス・ザックスは全4回ともベルント・ヴァイクルの予定だった。しかし,実際には最終回の横浜公演のみ,急遽テオ・アダムがザックスを歌ったことを,後になって知った。

|

« 神保町 冬の便りは順不同 | Main | 今年の年賀はがき »

Comments

 テオ・アダム、亡くなったのですか。大往生といえるお年とはいえ、残念ですね。R.I.P

 あのマイスタージンガーのときは、最終の横浜公演のみアダムが歌って、それが素晴らしかったと話題になりましたね。

 あの公演は、私にとっては忘れられない来日なので(ポップのアラベラを聴いて、オペラの醍醐味を実感した)30年の月日が昨日のようです。

Posted by: リンデ | Jan 21, 2019 04:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 私が聞いたテオ・アダム:

« 神保町 冬の便りは順不同 | Main | 今年の年賀はがき »