« 網絡不通三週間之始末(上) | Main | 追悼 ドナルド・キーン氏 »

Feb 19, 2019

網絡不通三週間之始末(下)

(承前)
 ユーザーサポートの電話は,つながるのに時間がかかるし,状況を整理して伝えるのに気力を要するので,数日してから気を取り直して,こんどはブロードバンド・ルーターのメーカーに電話した。同じような説明をして,同じような回答だったので,家電量販店に走り,新しいルーターを買った。無線LANルーターはたくさんの製品があるが,有線ルーターは種類が少なく,前のものとほとんど同じものが2000円足らずだった。
 帰ってさっそく交換,元通りに接続して電源を入れたが,ランプの状態は変わらず,接続できない。

 また数日して,もう一度,ルーターのメーカーに電話した。またいろいろなやりとりの末,こんどはその先のスイッチングハブ(ルーターと同じメーカーのもの)がおかしいということになった。これを確かめるためには,パソコンをルーターに直結してみればいいという。
 それで,ノートパソコンをルーターにつなごうとしたが,このごろの薄めのノートパソコンなのでLAN端子がない。一瞬考えて,LANケーブルをUSB端子につなぐ変換ケーブルを買いに走った。踏み台に上がって,ルーターにつなぐと,接続成功。ノートパソコンはたまっていたメールをせっせと受信し始めた。
 みたび量販店に走り,こんどはLANのスイッチングハブを買った。すべてのケーブルをつなぎ,祈るように電源を入れると――今まで消えていたルーターのWAN側ランプがつき,おお,接続成功。3週間の孤立状態,および気が晴れない状態から回復した。

 振り返ればまことに単純な話で,外からの回線の入り口からランプの状態を順番に見ていけばわかる故障だったが,スイッチングハブという単純そうなものが故障するのかなという思いもあり,なかなか考えが及ばなかった。
 この間,週2,3回通っている仕事場でネットは使えたし,メールはやむを得ずスマホでやりとりした。これまで,スマホでの文字入力がどうも億劫で,家や仕事場ではLINEもパソコンで見ていたが,今回の件で,スマホ活用力が少し上がった(かもしれない)。

|

« 網絡不通三週間之始末(上) | Main | 追悼 ドナルド・キーン氏 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 網絡不通三週間之始末(下):

« 網絡不通三週間之始末(上) | Main | 追悼 ドナルド・キーン氏 »