« クリムト,シューベルト,シェーンベルク | Main | 金沢シーサイドラインで逆走事故 »

May 28, 2019

東京メトロの改札外乗り換え

 東京メトロの複数の路線を乗り継ぐとき,乗り換えの回数が少ない経路を選ぶ方が早く着くことが多いが,運賃は,実際の乗車経路と関係なく,最短距離の経路による合計の距離によって計算される。路線が密集した都心部では,1駅ずつ乗って3回乗り換えるといった非現実的なルートが最短距離だったりすることもよくあり,最低料金で行かれる範囲はかなり広い。
 ここで少し問題が生じうるのは「改札外乗り換え」である。東京メトロ同士の乗り換えでも,改札を一度出なければならない駅は,現在14ある。このうち,人形町駅(日比谷線)と水天宮前駅(半蔵門線),築地駅(日比谷線)と新富町駅(有楽町線)は2018年3月に乗り換え駅として追加された。

 この改札外乗り換えについての「掟」のうち,「オレンジ色の改札口から出る」「乗り換えは30分以内」というのはよく知られていると思うが,もうひとつ「乗り換え駅までの運賃が,所持している切符の料金を超えている場合は精算する(追加料金を支払う)」というルールがある。これは,少なくとも私は,10年ぐらい前まで知らなかった。
 例えば,丸ノ内線の御茶ノ水から有楽町線の護国寺までの運賃は,2駅目の後楽園で南北線に乗り換え,1駅乗って飯田橋で有楽町線に乗り換えるという距離 5.9km のルートで計算され,170円(切符の場合)である。しかし実際には,池袋乗り換えなら乗り換えは1回ですむので,こちらを選択する人は多いだろう。ところが,池袋駅は有楽町線と丸ノ内線とが別改札であり,しかも御茶ノ水・池袋間は200円なので,170円の切符で改札を出ようとすると精算,つまり30円支払うことを求められる(乗り継ぎの精算券が出るので,それで有楽町線の改札に入ることができる)。
 最短距離で計算することはお互いにとって利益があるのに対して,別改札かどうかは乗客と関係なく東京メトロの事情であり,そのために30円余分に払わなければならないのはおかしいと思う。とはいうものの,もしここで精算しないで出ることを認めると,200円の区間を170円で乗れることになってしまうので,これはこれでまずいということなのだろう。

 もう一つの問題は,「不可逆性」である。上記のルートを逆に,つまり護国寺から乗って池袋で乗り換え,御茶ノ水で降りる場合は,護国寺・池袋間が170円なので,170円の切符で問題なく有楽町線からの乗り換え改札口を出ることができ,そのまま御茶ノ水で下車できる。つまり,同じルートが,行きは200円,帰りは170円ということが起きる。これは公共交通の料金としては異例の事態である。
 ICカード(Pasmo等)だったら,最初の線の改札を出るときにとりあえず(いや正確には「敢えて取る」?)30円差し引き,30分以内に乗り換えて170円区間の駅で降りるときに精算,つまり30円払い戻す,ということもできると思うのだが。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 先に書いた山手線上野駅の発車メロディーを,先日聞いてきた。
 予想通り「だれも寝てはならぬ」のメロディーで,

_CDEDCDH|A---|_DEFEDEC|H-C-DDEF|G---
   半角1字が8分音符の長さ,「_」は8分休符,
   「-」は8分音符分の伸ばし

という具合に,2・5小節目の全音符を短くして無理やり4小節の長さにしてあった。

|

« クリムト,シューベルト,シェーンベルク | Main | 金沢シーサイドラインで逆走事故 »

Comments

Posted by: P.O. | May 28, 2019 08:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« クリムト,シューベルト,シェーンベルク | Main | 金沢シーサイドラインで逆走事故 »