« June 2019 | Main | August 2019 »

July 2019

Jul 31, 2019

ドラム缶のベースギター――夏の思い出

 夏が来れば思い出す――中学のとき,というのは五十何年も前のことだが,毎年3泊4日の海のキャンプに出かけた。場所は三浦半島の先端近い小さな湾の奥にある合宿施設。学校にプールはなくて,このキャンプが水泳を習う唯一の機会であり,それまで泳げなかった私は,そこで中学1年のときに特訓を受けてやっと泳げるようになった。
 水泳以外の時間には,歌を歌ったり,ゲームやレクリエーションに興じた。このときに登場した年配のA先生は,生徒に歌を歌わせるために,なんと自作の楽器を持ってやってきた。それは,ドラム缶を立てて,上面に木の棒を水平に取り付け,そこに弦を張ったベースギターだった。
 弦は3本で,フレットはない。で,どうするかというと,弦を適当な調のド,ファ,ソに調弦し,主要三和音(ドミソ,ファラド,ソシレ)の根音を弾くのである。もちろん,簡単な歌でも主要三和音以外の和音を使うことはよくあるが,そのときは根音でなくともその和音に含まれている音で代用してしのぎ,最後をソ→ドと進行して終止すれば,けっこうそれらしくなる。で,私も弾かせてもらった。それまでメロディ楽器しか知らなかったので,ベースを弾くのはまったく初めてで,短い時間だったが低音楽器の快感を味わった。
 そのときの曲で覚えているのは「こおれる月影,空に冴えて」という歌詞で始まる「灯台守」である。原曲はイギリス民謡で,勝承夫の作詞だという。

 A先生は,中学生からするとかなりのおじいさんに見えたが,当時たぶん六十少し手前ぐらい。すでに学校を定年になっていて,嘱託かなにかで理科や技術家庭の授業をし,そのときは海のキャンプの手伝いにやってきたらしかった。ずっと後で知ったところでは,A先生の父は海軍の軍人でかつ東京帝大の教授,A先生自身も海軍の軍人で,A先生の弟は一人は戦前から戦後にかけて活躍した音楽評論家,もう一人の弟は古代日本語の音韻の研究で名を残して早世した言語学者なのだった。

| | Comments (0)

Jul 29, 2019

文学とビールと『トゥーランドット』,そして梅雨明け

 今日7月29日,関東地方がようやく梅雨明けとなった。去年はあきれるほど早く6月29日に梅雨明けを迎えたので,去年よりちょうど1か月遅かったことになる。ずっと激しく降ったわけではないが,ほぼ毎日少しは降っていたという感じだ。
 長雨で,野菜が一時かなり高くなった。特にキュウリは,近くのスーパーのばら売りがふだんは1本38円だが,今月は最高で78円になった。その後下がったが,今も50円台である。

 文京区立森鷗外記念館(最寄り駅は千代田線の千駄木)で,コレクション展「文学とビール――鴎外と味わう麦酒(ビール)の話」を見てきた。ほぼ1部屋のみの展示で,文学(大部分は戦前まで)の中にビールがどのように登場しているかという紹介が主。ビールを描いてもっともウマそうなのは椎名誠だと思うが,そこまでは出てこない。
 付設のカフェでは,オリジナルの「モリキネビール」が飲める。鷗外のふるさと石見の地ビールらしい。
 同展は10月6日まで(8/27 9/24(火)は休館)。9月7日(土)には,『軍服を脱いだ鷗外――青年森林太郎のミュンヘン』という本の著者・美留町義雄氏の講演会があるとのこと。

 新国立劇場の今シーズンの最後の演目,新制作オペラ『トゥーランドット』を7月20日に見た。すでに東京文化会館で3回,新国立劇場で4回,びわ湖ホールで2回の公演が終わり,8月に入って札幌文化芸術劇場で2回上演され,計11回となる。
 指揮は大野和士で,ピットには大野が音楽監督を務めるバルセロナ交響楽団が入っていた。近ごろめずらしい4週間にも及ぶ日本ツアーになる。音は全体として色彩豊かで華やか。歌手は世界水準で粒ぞろいだった。
 で,演出のアレックス・オリエがいろいろな機会に示唆していたのが,作曲が未完のまま終わった最後の部分は「めでたし,めでたし」にはなり得ないということである。まだ公演があるからネタバレは書かないが,それは一瞬のできごとだった。こう来たか,と思う間もなく幕になった。

| | Comments (0)

Jul 23, 2019

常磐線3月開通/相鉄JR直通線11月開通

 久しぶりに「鉄」ニュースを――

 常磐線の最後の不通区間,富岡―浪江間が「帰還困難区域のうち特定復興再生拠点区域の一部が先行して避難指示解除されるのにあわせて」2019年度末までに運転を再開するという。震災以来9年での全線開通である。
 開通後,「東京都区内と仙台市内を直通で結ぶ」特急が走るということも発表された。ここで「東京都区内」というのは,現在の特急「ひたち」と同じく品川発着が主になるという意味だと思われる。しかし,仙台でなく「仙台市内」となっていることについては,鉄道ファンのサイトでは「意図不明」としていろいろな憶測が出ている。仙台市内駅の範囲はかなり広い(特に仙山線は,仙台から 33.8km 先の奥新川までが市内駅として扱われている)が,直通して明らかに便利という駅は見当たらないからである。
 なお,今年4月20日には常磐線広野駅と木戸駅の間に「Jヴィレッジ」駅が開設された。ただし,臨時駅で,定期列車は止まらない。

 相模鉄道とJR湘南新宿ラインを結ぶ「相鉄・JR直通線」が,今年11月30日開業と発表された。相鉄本線の西谷から分かれて羽沢横浜国大駅までが大部分地下の新線で,羽沢横浜国大駅からJR東海道貨物線,すなわち湘南新宿ラインに乗り入れる。原則,新宿行きで,朝の通勤時間帯は大宮方面まで直通するという計画。
 相鉄では,今春から乗り入れのための紺色の新型車輌が運転を始めている。昔の淡色の車輌に比べると精悍な印象だ。先週からは,試運転電車が新線に入っているとのこと。
 羽沢横浜国大駅から分かれて,新横浜を経由して日吉で東急東横線・目黒線に乗り入れる「相鉄・東急直通線」の工事も並行して進んでいるが,こちらの開業は「22年度下期」の予定。現在でも,東横線は副都心線・東武東上線・西武池袋線に乗り入れているが,ここに相鉄からの電車が加わると運転系統はますます複雑になる。自分の目的地に直通する電車にうまく乗れれば時間の短縮になるが,調べておかないとギャンブル状態になりそうだ。

| | Comments (0)

Jul 12, 2019

子供の言葉,大人の理屈

ぼくのお母さん
 昔住んでいた四十数戸の集合住宅の前に,小さな公園があった。ベンチと砂場があるだけの場所だったが,主にそのマンションの親子が入れ替わり立ち替わり来ていた。少し大きな子は一人でもやってきた。
 あるとき,公園にいた男の子がマンションの上の方に向かって「ぼくのおかあさーん」と呼んだ。するとちゃんと該当のお母さんがベランダに登場するのだった。

否定の意味
 ケータイのなかったころのこと,ある人の家に電話をしたら5,6歳とおぼしき男の子が電話に出てきた。「お父さん,いらっしゃいますか」と聞いたら,「いりません」という返事が返ってきた。一生懸命丁寧な言葉で答えようとしたに違いない。
 またある子供は,「みかんを食べるのはご飯の後にしなさい」といわれたのに抵抗して「ご飯食べてからみかん食べない」と言った。「ご飯―みかん」という順序を否定したかったのだが,これではご飯を食べてからもみかんを食べられなくなってしまう。否定の意味・範囲をコントロールするのはかなり高度な言語能力を要する。

カフス理論
 よく理屈をこねる友人某によれば,カフスボタンというものは,両手同じものである必要はないという。両手のカフスが同時に見えるのは,両手の甲を相手に向け,胸の前でそろえて小指側どうしをくっつける,つまり手錠をかけられるような格好をする場合に限られるから,普通は両手のカフスを同時に見られることはほとんどない,というのが彼の理屈である。――わざわざ左右違うものをするのも面倒だと思うのだが。
 ちなみに,英語の cuffs は「手錠」でもある(正式には handcuffs)。

| | Comments (0)

Jul 05, 2019

歌仙7年の友

 職場で少し後輩だった旧同僚IKさんが今年の初めに亡くなったと聞いたのは,5月になってからだった。彼はこのところ病気がちではあったが,時々顔を合わせると話が弾んだし,今年もちゃんと年賀状が来ていたから,訃報には本当に驚いた。
 昔はよくいっしょに飲んだし,山にも行ったし,囲碁・将棋を教えてもらったりもした。そんな中で,彼とのみ共有した貴重な経験がひとつある。それは,彼と歌仙を巻いたことである。彼はいつのころからか毎月句会に出席していたが,私とその歌仙を始めたのはそれより前のことである。

 始まりは飲み屋だった。今世紀に入って間もなくの2月のある日,俳句の心得のある先輩と3人で飲んだとき,飲んだ勢いで連句をやろうという話になり,その先輩に発句をもらって,あとを彼と私が続けて,歌仙(36句)を目指すことにした。当時も今も,私は連句に興味はあったものの本で読むだけだったから,いろいろ調べながら手探りで始まった。式目は基本的なものは守ることにした。しかし,初折の裏の半ば,全体の10句目を過ぎたあたりでぱったりと止まってしまった。
 結局そのまま4,5年中断し,その間に彼は別の部署に異動になった。そのころ,俳句をよくする人とたまたま話をする機会があって,歌仙が中断していると言ったところ,その人曰く「両吟(2人でする連句)はなかなか続かないんですよ」。
 そう言われたこともかえって刺激になったと思うが,その後再開。再開後も順調とは言えない歩みだったが,名残の裏の途中から少し速くなって,たぶん6,7年がかりでようやく挙げ句にたどりついた。宗匠もなくて,おかしなところがいろいろあるとは思うが,後から思うとともかく巻き終えておいてよかったという他はない。

 虫の知らせだったのか,今春,辻原登他『歌仙はすごい――言葉がひらく「座」の世界』(中公新書)という本を買った。いま,読んでいるところだが,開くたびに彼のことを思わずにはいられない。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 昔,画面上に虫が這い回るスクリーンセーバーがあったが,先日,モニター画面上に本物のクモがやってきた。マウスのポインター(設定で少し大きくしている)を近くで動かすと,そのクモがポインターを仲間だと思って追いかける。けなげ。
Aap6210133

 

| | Comments (0)

« June 2019 | Main | August 2019 »