« August 2019 | Main | October 2019 »

September 2019

Sep 30, 2019

9月の9日間

◇9月16日(月・祝)
 所属するオーケストラの定期演奏会本番。ベートーヴェン:交響曲第1番,ドヴォルザーク:交響曲第7番ほか。ベートーヴェンの交響曲の第1オーボエを吹くのは30数年ぶり。
 交響曲第1番は若さあふれる気持ちのいい曲だが,最初の交響曲からフルの2管編成を駆使し,「やっぱりベートーヴェン」と思わせる挑戦がある。
 居酒屋Fでの知り合いが4人来場してくれた。

◇9月17日(火)
 早めの時間に「千住の永見」へ。静かな時間。

◇9月18日(水)
 いつもの(1000円床屋改め)1200円床屋へ。ただし,平日シニア料金で1100円。

◇9月20日(金)
 午後,チェーンの某洋服店でレンタルのモーニングを借りる。
 夜は,ラグビー・ワールドカップ開幕戦をテレビで途中から。

◇9月21日(土)
 一日,「2019オーボエ・フェスティバル in Kawaguchi」(川口リリア 音楽ホール他)。一応主催者側なので手伝いもしたが,演奏(中高生~音大生~プロのアンサンブル,ソロなど)をかなり聞くことができた。演奏水準はきわめて高く,みなほんとうに簡単そうに吹いている。
 最後の100名以上による大合奏に参加。
 帰り,居酒屋Fへ。16日の演奏会に来てくれたうちの2人がたまたま来店していて,ビールをこちらがおごるべきところ,逆にご馳走になる。

◇9月23日(月・祝)
 次女の結婚式・披露宴。
 3日前までは「時々雨」の予報だったが,前日には「のち晴れ」となり,実際には「曇りときどき晴れ,やや強風,31度,湿度高」。
 年寄りの送迎があるので,車で行く。帰りは予想以上の大荷物だったので,車が正解だった。披露宴での乾杯はジンジャーエールで。昔と違って飲み物の選択肢にノンアルコールビールもちゃんとあった。
 新郎も加わったバンド演奏に合わせて新婦のダンスの仲間が踊るなど,楽しくなごやかな披露宴。新婦にだけ秘密で撮影されたお祝いメッセージ動画の上映もあった。新婦の同級生である撮影者が新郎を案内して新婦の母校(女子中高・女子大)を訪ねるところから始まり,友人・仕事の仲間・家族が「出演」した凝った動画で,一人知らなかった新婦は涙。
 帰宅して,やれやれとまず缶ビール。しかしこれだけでは終われないのでいつもの居酒屋Fへ。内祝いを配布。

◇9月24日(火)
 レンタルのモーニングを返却。これで「関連行事」は終了。

| | Comments (0)

Sep 27, 2019

短信 9月20日――ラグビー・ワールドカップ/千葉の鉄道

ラグビー・ワールドカップ開幕
 9月20日午後,新宿駅を通ったら,ラグビーの日本代表のユニフォームを着て京王線の駅の方に向かう人と,少なくとも10人ぐらいすれ違った。開幕戦開始の6時間ぐらい前のことである。
 あとで記録を見たら,9月20日は,4年前の前回のワールドカップで南アフリカに大番狂わせ勝利した記念日なのだった。

 開幕の日本―ロシア戦は,前半の終わりの方からテレビで見た。ラグビーの基本的なルールは知っているつもりだったが,わかっていなかったことがいろいろあった。なにしろ,テレビの中継でさえちゃんと見た試合はいくつもないのだから,それも当然のこと。直前に買った参考文献(『ラグビーダイジェスト』増刊号「選手名鑑&ガイド」)を随時参照した。

久留里線・小湊鐵道開通
 先日千葉の台風被害のことを書いた翌日の9月20日夜,台風の後不通だったJR久留里線は,木更津~久留里間で運行を再開した。その先の久留里~上総亀山間については,設備損壊や倒木などの影響が大きく,復旧にはなお日数を要するとのことで,当面マイクロバスや乗合タクシーによる代行輸送となる。
 同じく不通だった小湊鐵道は,その翌日の9月21日,代行バスを走らせていた上総山田~里見などが復旧し,全線で運転を再開した。

| | Comments (4)

Sep 26, 2019

昼食の終わりと始まり――神保町だより9月

 神保町の昼食の店のいろいろな動きのうち,2件ご報告:
 マクドナルドの左の路地を突き抜けた右側の「魚百」で,ランチ営業を9月27日限りで終了するという貼り紙が出た。やはり人手不足なのだろうか。翌週からは,「ディナー営業」を15時50分からするという。
 ここの昼食では「海鮮丼」を何度も食べた。だいたい食べ終えてからご飯を足して出しをかけてお茶漬けにするところまで含めて 980円と,かなりのお徳用。毎月29日には「肉の日に対抗して」この海鮮丼が 500円で提供されていた。

 同じくマクドナルド左側の路地を入ってすぐの左側地下,メキシコ料理店の「ソルアミーゴ」(昔はエル・アルボリートという名だった)で,昼のみ営業のカレー店「まんぷくカリー24」が8月13日に開店した。通るたびに絶賛客引き中。
 ランチは1000円で,カレーは豚肉角煮,キーマ,およびそのハーフ&ハーフから,ご飯の量は大・中・小から選び,付け合わせ(コロッケ,焼きビーフン,もやしの和え物),サラダ,ドリンクは取り放題。ほかにデザートが付く。
 いくつかのウェブサイトによると,この店の店主は「間借り界のレジェンド」だそうだ。しかし神保町には,20年前にすでに昼だけの間借りカレー店があった。それはランチョンの左の道を北へ進んだ右側,居酒屋「櫓」で10年近く昼に営業していた「YAGURA」(1999/3/1開店,2008/8/4閉店)である。インド人(たぶん)がやっているけっこう本格的なインドカレーだった。
  参照:本拠地 →神保町の昼食の章
      →神保町 昼食さまざま
      →目次のずっと下の方「昼だけのカレー屋」
Adsc_0904 Adsc_0906

| | Comments (0)

Sep 19, 2019

なお続く千葉の停電

 ブログ更新の間隔が空いてしまっている間に,関東地方南部で大規模な停電が発生した。9日未明に台風15号が南からやってきて,三浦半島をかすめて千葉県に上陸,記録的な強さの強風で鉄塔・電柱が倒れるなどして停電が発生し,10日たった今も千葉県では3万軒以上で停電が続いている。
 昨年9月の北海道胆振東部地震では,発電所が停止して一時北海道全体が停電になったが,まる2日ほどでだいたい復旧した。このときは送電設備はほぼ無事だったので,発電所が復旧すれば送電できたが,今回は,送電鉄塔だけでなく電柱が多数倒れ,倒木による架線切れも多く,車が入れなくて被害の状況もつかめないとのこと。
 先週会った友人は,停電地域で一人暮らしをしていた義母をなんとか「救出」したと言っていた。彼が現地の関係者に聞いた話によれば,長距離の送電線は「一本道」なので被害を把握しやすいし,送電幹線にはバイパスも用意されているが,末端の電柱はひとつひとつ調べて手作業で立て直すしかなく,非常に時間と手間がかかるのだという。
 電気がないと,携帯電話の基地局の非常電源がなくなれば電話が通じなくなるし,水道もポンプが動かなくて送水・給水できないことが多い。東日本大震災のとき,東京では電気はほとんど停まらなかったので大きなパニックにはならなかったが,大規模な停電が起きていたらと思うとあらためて恐ろしくなった。

 鉄道各社は,台風が来た9日朝は始発から計画運休を行った。しかし,多くの社では運転開始が予告通りにできず,だいぶ混乱した。
 不通になった路線もあったが,JRの内房線,外房線は13日までに復旧した。しかし,久留里線(木更津―上総亀山)は19日現在全線止まっていて,復旧の見通しは立っていない。小湊鐵道は五井から途中の里見までは18日に復旧したが,その先,終点の上総中野まではバス代行となっている。

| | Comments (0)

Sep 09, 2019

京急快特の事故

 9月5日(木)の午後,家族から LINE で「お父さん,京急には乗っていませんよね」という連絡が入った。よくふらふらと用事もないのに電車に乗りに行く私を心配してのことだったが,そのとき私はまだ京急の事故のニュースを知らなくて,何のことだろうと思った。長年京急を見つめてきた者としてはまことにつらい事故のことを知ったのは夕方になってから。
 同日昼前,京急の下り快特が,神奈川新町駅のすぐ先の踏切で立ち往生していたトラックに衝突し,電車は前3両が脱線,トラックの運転士が死亡,電車の乗客・運転士など30人以上がけがをした。京急本線は上大岡・京急川崎間が不通となり,上大岡から横浜までは先に開通したが,横浜・京急川崎間は結局約50時間にわたって不通になった。
 念のために注記するが,快特というのは元は快速特急の略で,京急のいちばん速い列車種別である。停車駅は,品川を出ると京急蒲田,京急川崎,横浜で,この区間は高架の直線部分が多く,東海道線に対抗して最高時速120kmでひた走る。事故があった神奈川新町駅は横浜の3駅手前で,検車区がある運転上の拠点駅だが,快特は通過する。

 京急が長く不通になったのは,2012年9月,追浜・京急田浦間のトンネル入り口で崖崩れがあって特急が土砂に乗り上げた事故以来のこと。このときも先頭の3両が脱線し,金沢八景・逸見間の開通に55時間を要した。このときネット上で「がんばれ京急」という復旧応援のメッセージが飛び交ったことは,鉄道ファンの間で語りぐさになっている。
 今回も,駅に掲示された不通のお知らせに「水を飲んで熱中症予防をして,がんばれ」という付箋が貼られ,その写真が Twitter で出回った。

 京急の車両につき,他社にはあまり例がない特徴として「京急は先頭車を重い電動車(モーターのある車両)にしている」ということがときどき話題になる。これにより,衝突などの際に転覆したり跳ね飛ばされたりする危険が少なくなっているという。
 事故の翌日,ニュース番組に出演した川島令三氏(鉄道アナリスト)もこのことを説明していたが,はたして一般の人に伝わったかどうか。
 なお,京急ファンとその「京急愛」については,それを扱った「専門書」がちゃんとある:佐藤良介著 交通新聞社新書『なぜ京急は愛されるのか――“らしさ”が光る運行,車輌,サービス』(交通新聞社)[電子版もあり]

| | Comments (0)

Sep 05, 2019

冗語コレクション Part 4

◇だれだって気づくはずなんですが
 自らの私財をなげうって
 とんでもない暴挙
 無言で答えず
 サントリーホールが休館中の間
 この間(かん)のあいだに
 …の渦中のさなかに
 こまかい微調整
 後続の電車が続いております 《駅のアナウンス》
 新駅が新設される
 日本に来日

◇お互いいっしょに
 互いに競合する
 どっちも両立
 いっしょに共演した
 両方を共存させるには

◇けっこう見かけます
 毎年の恒例
 最後のシメ
 昔と変わらぬままの
 まず大坂選手が先に試合をします
 ひそかに潜入
 こっそり隠し撮り
 意外な伏兵
 あらゆる場面で利用できるとても汎用的なテクニック
 それだけに尽きる
 87%完了済み
 すでに記入済み

◇カタカナ語編
 禁じられた愛のタブー(エリザベート)
 だんだんクレッシェンド
 スペシャル大特価
 長期のロングラン
 決まったルーティーン
 タンカー船 《英語tankerは車・航空機も含むが》
 100パーセント完璧
 めったにないレアな企画

【過去の冗語コレクション】
 Part 1 →参照
 Part 2 →参照
 Part 3 →参照

| | Comments (0)

« August 2019 | Main | October 2019 »