« 京急快特の事故 | Main | 昼食の終わりと始まり――神保町だより9月 »

Sep 19, 2019

なお続く千葉の停電

 ブログ更新の間隔が空いてしまっている間に,関東地方南部で大規模な停電が発生した。9日未明に台風15号が南からやってきて,三浦半島をかすめて千葉県に上陸,記録的な強さの強風で鉄塔・電柱が倒れるなどして停電が発生し,10日たった今も千葉県では3万軒以上で停電が続いている。
 昨年9月の北海道胆振東部地震では,発電所が停止して一時北海道全体が停電になったが,まる2日ほどでだいたい復旧した。このときは送電設備はほぼ無事だったので,発電所が復旧すれば送電できたが,今回は,送電鉄塔だけでなく電柱が多数倒れ,倒木による架線切れも多く,車が入れなくて被害の状況もつかめないとのこと。
 先週会った友人は,停電地域で一人暮らしをしていた義母をなんとか「救出」したと言っていた。彼が現地の関係者に聞いた話によれば,長距離の送電線は「一本道」なので被害を把握しやすいし,送電幹線にはバイパスも用意されているが,末端の電柱はひとつひとつ調べて手作業で立て直すしかなく,非常に時間と手間がかかるのだという。
 電気がないと,携帯電話の基地局の非常電源がなくなれば電話が通じなくなるし,水道もポンプが動かなくて送水・給水できないことが多い。東日本大震災のとき,東京では電気はほとんど停まらなかったので大きなパニックにはならなかったが,大規模な停電が起きていたらと思うとあらためて恐ろしくなった。

 鉄道各社は,台風が来た9日朝は始発から計画運休を行った。しかし,多くの社では運転開始が予告通りにできず,だいぶ混乱した。
 不通になった路線もあったが,JRの内房線,外房線は13日までに復旧した。しかし,久留里線(木更津―上総亀山)は19日現在全線止まっていて,復旧の見通しは立っていない。小湊鐵道は五井から途中の里見までは18日に復旧したが,その先,終点の上総中野まではバス代行となっている。

|

« 京急快特の事故 | Main | 昼食の終わりと始まり――神保町だより9月 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 京急快特の事故 | Main | 昼食の終わりと始まり――神保町だより9月 »