« 停電でオペラに遅刻 | Main | 天変記2019――台風19号 »

Oct 11, 2019

旭化成本社は神保町――祝 ノーベル化学賞

 9日夜からずっとニュースに登場している旭化成本社は,神保町三井ビルにある。私の職場はかつてそこから60メートルほどの所にあり,しかも友人が同社の重要ポストにいたので,旭化成はご近所として親しみを感じる存在だった。
 神保町三井ビルは,神保町1丁目奇数番地のすずらん通り南側地域を「再開発」して建てられた3つのビルのうちのメインのビルである。このあたりはかつて小規模の書籍取次の店が建ち並んでいて,「神田村」と呼ばれていた。取り壊しが始まったのはちょうど20年前のことになる。
 三井ビルが建って再開発が完了したのは2003年3月で,同年12月,その1~9階に,会計検査院が「入居」した。霞ヶ関の中央合同庁舎7号館建設のあいだということで,結局4年間の仮住まいだった。その場所プラス14階のフロアに,2008年5月に日比谷から引っ越してきたのが,旭化成本社だった。
  神保町1丁目再開発の経緯については,以下を参照:
   本拠地 →神保町の昼食の章 →神保町昼食ニュース 目次

 台風15号による被害で不通になっていたJR久留里線の久留里~上総亀山間は,10月11日午後から運転を再開した。
 しかし,もっと強力な台風19号が近づいている。

|

« 停電でオペラに遅刻 | Main | 天変記2019――台風19号 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 停電でオペラに遅刻 | Main | 天変記2019――台風19号 »