« 旭化成本社は神保町――祝 ノーベル化学賞 | Main | 消費税 Eight to Ten »

Oct 16, 2019

天変記2019――台風19号

 東日本大震災以来久しぶりに,自然災害の記録を残しておく。
 超大型の台風19号《ハギビス》による風雨のため,10月12日午後,関東地方のほとんどの鉄道が止まった。デパート,大手コンビニも多くは休業,わが家の近くのスーパーも午後は閉店になった。一度だけ経験したヨーロッパのクリスマスの日のような状態である。
 ラグビーワールドカップのプール戦はこの日の2試合と翌日の1試合が中止になった。
 新国立劇場では,今シーズンの開幕を飾る新制作のオペラ『エウゲニ・オネーギン』の公演(5回のうちの最後の回)が中止になり(私は6日に3回目の公演を見た),東京宝塚劇場では星組公演のマエラク(千秋楽の前日の公演)が中止になった。
 わが家ではつい1週間前に停電を経験しているので(→2つ前のエントリー参照),そのまま食べられる食料を2日分確保し,懐中電灯やラジオの動作を確認した。そのあと,やや高い位置にあった植木鉢を低い所へ避難させて準備は完了。風雨が強まってからの重要な任務は,雨水の排水口を落ち葉がふさいでいないかを確認することだった。

 今回の台風の進路や大きさを言うのに,「狩野川台風以来」という言葉が何度か登場した。狩野川台風は1958年,私の小学生のときで,怖かったということ以外なにも覚えていない。後から知ったところでは,この台風が上陸したのは,私の故郷の三浦半島付近だった。
 数年前,修善寺へ行く予定の前日に台風がやってきたことがあった。修善寺を流れている川は狩野川の支流なので,狩野川台風を思い出して前日には少し心配だった(結果としては問題なく行かれたが)。
 狩野川台風の翌年やってきたのが伊勢湾台風だった。関東地方には狩野川台風ほどの風雨はもたらさなかったが,来襲前後のことを作文に書いたせいもあって,古い家の「雨戸を閉めて心張り棒を交(か)う」風景が記憶に残った。

|

« 旭化成本社は神保町――祝 ノーベル化学賞 | Main | 消費税 Eight to Ten »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 旭化成本社は神保町――祝 ノーベル化学賞 | Main | 消費税 Eight to Ten »