« 吹奏楽のスコア/今度は『マイスタージンガー』の発メロ | Main | 相鉄・JR直通線 開通日に乗車 »

Nov 22, 2019

新国立劇場の悲喜劇――『エウゲニ・オネーギン』『ドン・パスクワーレ』

 新国立劇場オペラの2019-20シーズンは,10月の『エウゲニ・オネーギン』で始まり,続いて11月には『ドン・パスクワーレ』が上演された(ただし,10月12日の『オネーギン』は台風で中止になった)。共に新制作で,今シーズンの演目10本のうち新制作は4本だが,そのうちの2本がシーズン始めに連続するというちょっと珍しい事態になった。2つの新制作が重なったこの夏,舞台裏は大忙しだったことだろう。
 上演は共に充実したもので,歌も演出も高水準。ヒロインが共にほっそり美人なのも吉。舞台装置もよくできている。
 ロシアの作曲家で私がいちばん多くオペラを見ているのはチャイコフスキーで,中でも『オネーギン』が最多で今回が7回目。『ドン・パスクワーレ』は,14年前に一度プラハでたまたま見たことがある(→参照)が,国内では初めてだった。

 この2本,『オネーギン』は悲劇,『ドン・パス』は喜劇という対照をなしているが,劇中の中高年男の結婚に関しては,悲喜あるいは幸不幸が逆転していることに後から気づいた。すなわち,『オネーギン』のグレーミン侯爵は中年になってタチアナと結婚して幸せいっぱいなのに対して,ドン・パスクワーレ氏は老年になって結婚しようとして苦い経験をすることになる。

◆神保町ミニだより
 すずらん通り裏の焼肉店で,昼食が売り切れて「ギブアップ中」という札が出ていた。

 靖国通り北側の路地のカレー店では,売り切れのメニューに「完食」という札が貼ってある。完食ということばのこういう用法は珍しい。

|

« 吹奏楽のスコア/今度は『マイスタージンガー』の発メロ | Main | 相鉄・JR直通線 開通日に乗車 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 吹奏楽のスコア/今度は『マイスタージンガー』の発メロ | Main | 相鉄・JR直通線 開通日に乗車 »