美術

May 20, 2019

クリムト,シューベルト,シェーンベルク

 東京ではいま,クリムトを中心とした展覧会が2か所で開催されているが,そのうちのひとつ「ウィーン・モダン クリムト,シーレ 世紀末への道」(国立新美術館)を見てきた。クリムト,エゴン・シーレ,ココシュカが中心だが,タイトルのとおり「そこに至る道」についての展示が充実しているのがミソ。
 音楽家もいろいろ登場していて,シューベルトの有名な肖像もあった。しかし,予備知識なく見てびっくりしたのは,シューベルトの眼鏡(!)が展示されていたことだった。

 ほかにおもしろかったのは,シェーンベルクが描いた3点の絵。うち1枚はアルバン・ベルクの肖像,もう1枚はマーラーの葬儀を描いたものだった。さらに,オーギュスト・ロダンの描いたマーラーの肖像があった。
 クリムトは「エミーリエ・フレーゲの肖像」だけ特別待遇で「個室」に展示され,写真撮影可になっていた。

 同展は東京は8月5日まで。引き続き8月27日からは,国立国際美術館(大阪・中之島)で開催されるとのこと。ただし,クリムト,シーレ等は東京より少なくなるらしい。
Aap5059967

| | Comments (0)

Mar 22, 2019

大阪でもフェルメール

 京都で土曜日の午後に用事ができた。かつては仕事で年に3,4回は関西に行っていたが,引退後の4年間では今回が2回目になる。今回は,前日の金曜に東京を出て,午後は大阪市立美術館の「フェルメール展」に行くことにした。
 今回のフェルメール展は東京ですでに見たが(→参照;→参照),大阪にのみやってくる「恋文」と,東京では会期の後半でのみ展示された「取り持ち女」を主な目的に,大阪展に行ってみた次第。前売り券はネットで買った。東京と違って,日時指定ではなかった。
 前にも大阪でフェルメールを見たことがある。と思って調べたら,19年前の2000年4月に「フェルメールとその時代」展を見たのだった。会場は同じく市立美術館,フェルメールは4点(ほかに真作かどうか疑問のある模写1点)だった。

 地下鉄の天王寺で降り,暖かい日差しのもと公園の芝生でくつろく人々のそばを会場へ歩いた。多少は待つことを覚悟していたが,ほとんど待たずに入れた。
 フェルメールは上記の2点と,「手紙を書く女」「手紙を書く婦人と召使い」「マルタとマリアの家のキリスト」「リュートを調弦する女」の計6点。東京のように一堂に会してはいないで,2点ずつ3つの部屋に分かれていた。青い壁の荘厳な空間ではあるが,初めてみる「取り持ち女」はひときわ俗な題材で,不思議な明るさを見せていた。
 先に書いたように(→参照),フェルメールの真作とされる35点のうち,これまでに23点が来日し,そのうち22点,6割以上を見たことになる。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 3月9日の阪神競馬で,プッチーニという馬がデビュー戦で勝利したという。なんと白毛の馬だそうだ。あまり速そうな名ではないが,レース運びはうまいのかもしれない。

 

| | Comments (0)

Dec 13, 2018

フェルメール――30年で20/35

承前
 今回のフェルメール展で,分厚くて重い公式図録とは別に,AERAムック『フェルメール展 公式ガイドブック』というのがあったので買ってみたところ,画家とその作品についての基本的なデータが載っていて,保存するに足る内容だった。
 重要なデータのひとつは,フェルメール作品の来日記録である。来日は1968年に始まり,今回初来日の3点を含めて,全35点中,23点がやってきたという。私は1987年の「西洋の美術展」以降,17回のうち14回の展覧会に行って,全部で20点見たことになるらしい。さらに,今回1月9日から展示される「取り持ち女」(初来日)と大阪でのみ見られる「恋文」を見れば計22点になる。所蔵美術館まで出かけないでこれだけ見られるのは「絵画幸う東京」ならではのことである。
 同時に来日した点数がこれまででもっとも多かったのは,2008年の「フェルメール展」の7点だった。このときのことはこのブログにも,「(7点というのは)空前のことであり,たぶん絶後となろう」と書いたが(→参照),今回(同時には)これを上回る8点で,実際には「絶後」ではなかったことになる。
 上記1987年の「西洋の美術展」は,ゴヤの「巨人」を初めとする大作が目白押しで,フェルメールはやや影が薄かった。しかしその後,2000年に大阪でのみ開かれた「フェルメールとその時代展」あたりを転換点として,フェルメールの「神格化」が進んだような印象がある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 29, 2018

フェルメール展――8点結集の奇跡

 某平日,「フェルメール展」へ出かけた。今回は,初来日2点(会期後半に入れ替わりでもう1点来る)を含め,フェルメールの現存作品35点のうちなんと8点(入れ替わりがあるので延べ9点)も同時にやってくるという,空前絶後,史上最強の展示である。
 しかし実際には,展示内容以外に,いろいろユニークな点がある展覧会だった。
 まず,会場が西郷さんにほど近い上野の森美術館であること。このところ東京都美術館が多くて,上野の森は15年ぶりだった。
 次に,チケットが日時指定入場制であること。1日に6つの時間枠(1枠が1時間半,朝と夜は1時間)が設けられ,その枠の時間内に入場する。指定されているのは入場の時間枠であって,その枠内ならいつ入場してもいいし,入ってしまえば中で長居をしてもよい。ウェブサイトには「各時間枠の入場開始直後は入場待ち列ができます。時間枠内後半でのご来場をおすすめします。」とあったので1時間半のうちの1時間近く過ぎたころに行ったら,列がやはり少しできていて,5分ぐらい並んだ。
 今回の展示でもうひとつ初めての経験だったのは,イヤホンガイドが無料だったこと。並んだ先で何かに時間がかかっていると思ったら,ほぼ全員に器械と片耳イヤホンを渡しているのだった。普通の展覧会の500円以上するイヤホンガイドに比べると正味の時間が20分と短いが,全体の点数が多くないのでこれでもまあよい。
 イヤホンガイドの隣では,ハガキサイズの小冊子に印刷された出品目録が配られた。1ページに1点ずつ,作者,タイトル,制作年,画材,サイズ,所蔵者等のデータ(英語併記),そしてハヅキルーペがなくても読めるようにかなり大きな字で簡単な解説が書いてある。絵の脇の壁に書いてあるのは作者とタイトルのみなので(壁に直接どうやって印刷したのか不思議),他のデータと解説は小冊子を見ることになる。なるほど,絵の近くが混雑しないようにという策略か。

 で,フェルメール御大の8点は青い壁の一室に集まっていた。フェルメールをいちばん多く所蔵しているのはニューヨークのメトロポリタン美術館の5点,次がアムステルダム美術館の4点だから,8点が一室というのは普通はありえない光景である。
 初来日は「赤い帽子の娘」「ワイングラス」の2点。(「赤い帽子の娘」は,会期後半に別の初来日作品「取り持ち女」と入れ替わる。)このうち,「赤い帽子の娘」はフェルメールの最も小さい作品であり,逆に最も大きいのは,共に来日している「マルタとマリアの家のキリスト」だという。
 混雑していたが,「聖堂」は荘厳な雰囲気に満たされていた。
    [この項 →続く

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 20, 2018

冬の短信

 ブログの更新ができないまま,10日以上たってしまった。以下,いくつかまとめて,短く記す。

 横浜美術館で,「石内都 肌理(きめ)と写真」という写真展を見た。作者は1947年に桐生で生まれた女性写真家。私の郷里・横須賀で育ち,デビュー作も横須賀の古いアパートなどをモノクロで写し,粗い粒子でプリントしたものだった(その連作「絶唱・横須賀ストーリー」は同館内の常設展として展示されている)。今回のテーマのひとつはこうした廃屋であり,もうひとつは作者の母や広島の被爆者の遺品の衣類である。「社会派」的な訴える力と同時に不思議な明るさもあって,ひとつひとつ立ち止まってしまった。同展は3/4まで。
         --------------
 同じく横浜のもっと南,根岸線本郷台駅からすぐの県立地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ)で,「天野尚写真展 未来へ残すべき美しい自然」展(→参照)を見た。こちらは,上と対照的に,最大8×20インチの特大フィルムを使った超高精細のカラー風景写真で,美しさも迫力も満点。3/25まで,入場無料。
         --------------
 神保町で,昨年秋には担々麺の店が2つできた(→参照)が,今年は海鮮丼の店が2つできた。ひとつはマクドナルドから錦華通りに入って間もなくの左側「杉玉」,海鮮居酒屋で昼は海鮮丼ランチを出す。もうひとつは,マクドナルドから靖国通りを渡ったところ,ラーメン屋だった場所にできた「<海鮮丼>きときと」。チェーン店のような感じだが,店長・店員はかなり年配の人だった。
 いま大学入試の季節で,先週は地下鉄神保町駅の出口前に明治大学への案内の人が立っていた。
         --------------
 平昌の冬季オリンピックで,日本のメダル第1号となったモーグルの原大智の名前にかなが振ってあるのをみて,一瞬「はらたいら」かと思ってしまった。
 ハーフパイプで金メダルのショーン・ホワイトの名ショーン(Shaun)はアイルランド系の名で,John(ヨハネ)に相当する。ショーンといえば思い出す俳優ショーン・コネリーも同じ名だが,綴りはSeanである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 07, 2017

「バベルの塔」の大きさ/将棋棋士の勝率

 6月某平日,東京での会期末が迫った「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展」(東京都美術館)を見に行った。ヒエロニムス・ボスなど興味深いものはたくさんあったが,目玉は「タイトルロール」の「バベルの塔」。巡礼の道を行くように,順序に従って上の階へ登って,最後にご本尊の登場となる。
 「バベルの塔」の内容は壮大だが,絵の実際の大きさは60cm×75cmほどで,それほど大きいわけではない。そのぶん隅々まできわめて細密で,その細密度は「子供の遊戯」「謝肉祭と四旬節の喧嘩」などを大きく上回り,人間は豆粒より小さい。「バベルの塔」コーナーの入り口に,塔の1階部分の超拡大図(ほぼ「実物」大?)があったが,それを見ても細部の形は非常にきちんとしている。
 人間の大きさなどから推測すると,絵の中の塔の高さは550mぐらいになるという。東京スカイツリーに迫る高さである。しかも,スカイツリーは鉛筆のように細いのに対し,この塔は,高さとの比率からすると底部の直径が400mぐらいはある巨大な建物である。旧約聖書の時代にこれを作ったとしたら,仮に神の怒りがなかったとしても力学的に持たないのではなかろうか。
 (同展は,今年 7/18-10/15に国立国際美術館(大阪)で開催)

 6月の話題沸騰の14歳は卓球の張本智和と将棋の藤井聡太四段。将棋が棋戦主催社以外の新聞の1面にしょっちゅう登場するなどということは,かつてなかった。
 藤井は,連勝記録はとぎれたが,デビュー以来30勝1敗(7/6現在)。日本将棋連盟のサイトによると,プロ棋士の通算勝率は羽生善治の0.7151が最高で,以下6割台後半は佐藤天彦,渡辺明の2人のみである。ということは,藤井がこれから11連敗すると30勝12敗となってようやく現在の羽生の勝率を下回るということになる。実際には今後しばらくは少なくとも勝率7割以上でいくだろうから,勝率が他の棋士と比較されるようになるのはかなり先になるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 30, 2017

聖母子像

 「大エルミタージュ美術館展」を見に行った(六本木・森アーツギャラリー)。エルミタージュ美術館の基になるコレクションを始めたのはエカテリーナ2世で,展示の最初にエカテリーナの大きな肖像があった。夫である皇帝をクーデターで追い出して自ら皇帝になった女傑エカテリーナだが,この肖像は比較的穏やかな表情だ。
 展示の英語タイトル Old Masters from the State Hermitage Museum のとおり,中心は16~18世紀の作品。収集された作品群の質の高さはさすがである。
 クラーナハの「林檎の木の下の聖母子」もあった。これまで聖母子の絵をいろいろと見てきたが,いつも思うのは,「子」のイエスがやたらと大きいこと。もちろん,東方三博士来訪の場面などでなければ生まれてすぐの姿でなくてもいいわけだが,このクラーナハのは特に大きくて,どう見ても3,4歳だ。それなのに裸なのは,一応は赤ん坊ですといいたいのだろう。たしかに,正直に乳児として描いたのではサマにならないのだろうが,もう少し幼い「子」の聖母子像があってもよさそうに思う。
 オペラ『蝶々夫人』の幕切れに登場する蝶々さんの子供は2歳のはずだが,舞台に出てくる「子役」はやむを得ず5歳ぐらいのことが多いのを思い出してしまう。

 やんごとない方がらみのニュースに先ごろ登場した男性の姓名を見て,小室等+小椋佳みたいと思った人は多いだろう。ただし,小椋はペンネーム・芸名で,かつ名はにんべん付きの「佳」である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 17, 2017

いつまで運転できるか――山梨県立美術館へ

 昨年のニュースで身近なこととして聞いたのは,高齢者の運転による事故の頻発だった。集中力が長時間続かなくなっているのは事実だし,自分はあと何年運転できるだろうかと気にかかる。一方で,私の音楽上の師の一人で78歳まで運転していた人が,「免許の更新のときに認知症のテストを受けたけど,あんな易しいのに通らないようじゃ確かにダメですね」と言っていたのを思い出す。
 私は鉄道が好きだし,酒も好きなので,ふだん出かけるときに車でという発想はほとんどしない。したがって,日ごろたいした距離は走らない。ただし,必要があって,わずかな距離だが少なくとも週に3回は運転している。車の購入費と諸経費よりタクシーを使った方が安いと思うような乗り方だが,近いが故にタクシーもけっこう面倒で,安全に乗れる限りは乗りたい。

 昨年11月,たまには少し長い距離を運転しようと思い立って,一人で甲府の山梨県立美術館まで車で行った。往復250kmほどで,普通の人からするとたいした距離ではないが,私にとっては100km以上運転するのは久しぶりだった。
 ミレーの「落ち穂拾い」で有名な山梨県立美術館へは,開館後間もない1979年に一度行こうとしたことがあった。しかしそのときは,甲府駅からのバスで寝過ごしてしまい,気づいたら駅に戻ってきていて,時間がなくなって行かれなかった。今回は37年ぶりにそのとき以来の宿題を果たしたことになる。
 着いたら1時過ぎだったので,まずレストランへ。甲州みやげの定番・信玄餅の会社の経営だった。次いで,屋外に置かれた彫刻などを見てから,館内に向かう。ありがたいことに,65歳以上は県民以外でも無料だった。
 看板のミレーの作品は「ミレー館」で展示されていた。しかし見るべきはそれだけではなく,常設展で見ることができたのは収蔵品のごく一部だと思うが,国内外の名品が並び,密度の高い展示だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 08, 2016

水戸芸術館で25年前を思う

 某平日,初めて水戸芸術館へ行った。見たのは,現代美術ギャラリーの「クリストとジャンヌ=クロード アンブレラ 日本=アメリカ合衆国1984-91」という長い名の展示。ありがたいことに65歳以上は無料だった。1991年秋に,茨城県の常陸太田の川沿いに青い傘を1340本,米国カリフォルニアに黄色い傘を1760本立てたクリストの「アンブレラ・プロジェクト」にまつわる資料の展示である。
 私は25年前のこのプロジェクト(→参照)を,水郡線に乗って常陸太田まで見に行った。その後カリフォルニア会場で傘が風で倒れて死者が出る事故があってプロジェクトは予定より早く終わった上に,会期中天気が良くない日が多かったのだが,私が行った日はよく晴れて青い傘が山の緑に映え,まさに一期一会の体験だった。
 そのときのように,水戸はよく晴れていた。常磐線からも見える芸術館のシンボルの塔に登った。潜水艦のような丸い窓から那珂川が見えた。塔内のBGMは,芸術館を本拠地とする水戸室内管弦楽団の演奏だった。
Apa275255

 帰りのバスの中の宣伝がちょっとおもしろかった。いわく「東大,医学部,早慶上智,偏差値40からの逆転合格は,………○○塾。筑波,茨大も○○塾。」 逆転専門らしい。


Apa275280


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 10, 2016

フォト日記 2016晩夏

◇取り壊し中
 閉館した神奈川県立近代美術館鎌倉館は,まず「新館」から取り壊しが始まっていた。Ap9064607_2


◇赤い巨人
 ふと見上げたら不思議な夕焼け。ゴヤの「巨人」の赤版か。9月9日,都内にて。Ap9094634_2


◇郵便新聞受
 神田の蕎麦の名店「まつや」にて。Ap9154647_2


◇レンガの倉庫
 高崎線新町駅(高崎市)の「危険物貯蔵所」。明治43年建築と表示されているが,実はもっと古いらしい。Ap9274668_2


◇群馬県立近代美術館
 手前はブールデルの「巨きな馬」(英語のタイトルは "Monumental Horse")。Ap9274697


◇おまけ――これがノーベル賞だ
 スウェーデンに行った人のお土産。冷蔵庫に入れたまま忘れていて,先日の大隅先生のノーベル賞受賞のニュースで思い出した。Apa044821_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)